【NBA】ラプターズはティンバーウルブスに勝利 渡辺雄太は頭越しダンクされる

2021年02月20日 14時09分

渡辺雄太

 19日(日本時間20日)の米プロバスケットNBAでトロント・ラプターズはミネソタ・ティンバーウルブスに86―81で勝った。渡辺雄太(26)は11分24秒の出場で得点はなく、2リバウンドだった。

 左足首の捻挫からの復帰2試合目となった渡辺は第1クオーター(Q)の終盤からコートに立つと、持ち前のディフェンスで相手の24秒バイオレーションを誘い、リバウンドでもチームに貢献する。
 だが第3Q終了間際には今シーズンのドラフト全体1位、ティンバーウルブスのアンソニー・エドワーズ(19)に、頭越しのダンクを叩き込まれる。

 チームメートのディアンドレ・ベンブリー(26)が完全に抜かれたカバーに入った際のプレーだったためにブロックに飛ぶタイミングが若干遅れたとはいえ、渡辺の長いリーチのはるか上からダンクされるという、すさまじい破壊力を目の当たりにさせられる。

 試合は最下位のティンバーウルブス相手にラプターズが序盤からリード。後半に追いつかれたものの、残り1分でリードを奪って逃げきった。

 ラプターズは3連勝で、15勝15敗。勝率を5割にした。

関連タグ: