【NBA】八村 先発で17得点奮闘も主力3人不在のチームは3連敗

2021年01月10日 12時14分

ヒートのドラギッチ(右)と競り合う八村(ロイター=USA TODAY)

 米プロバスケットボールNBA、ワシントン・ウィザーズの八村塁(22)は9日(日本時間10日)、本拠地でのヒート戦に先発し、17得点、5リバウンドを挙げた。

 左太ももを痛めた司令塔ウェストブルック、新型コロナ感染者と濃厚接触の可能性があるエースのビールが欠場となったウィザーズはセンターのブライアントも試合開始直後に左ひざを痛めて退場。主力3人が不在という緊急事態の中、八村やベンチメンバーが奮闘したが、124―128で敗れた。

 チームは3連敗となり、2勝8敗で東カンファレンス最下位に低迷。次は12日に西カンファレンス首位のサンズと対戦する。