【NBA】ロケッツのウエストブルックがホテル従業員に8000ドルのチップ

2020年10月07日 14時50分

チームは地区準決勝でレイカーズに敗れたが…(ロイター)

 米プロバスケットNBAは年間王者を決めるファイナルでロサンゼルス・レイカーズが6日(日本時間7日)の第4戦でマイアミ・ヒートを102―96で下し、3勝1敗と王手をかけた。

 今シーズンのNBAは新型コロナウイルスの影響で3月に中断。7月からはフロリダ州オーランドで集中開催で再開したが、ここで隔離生活を送ったホテルのスタッフに対してヒューストン・ロケッツのスター、ラッセル・ウエストブルック(31)が8000ドル(約84万円)のチップを払って感謝の意を示したという。

「ダラス・モーニング・ニュース」など複数の米メディアが報じた。

 NBAは7月上旬に全30チームのうち22チームがオーランドに集結してキャンプを開始。下旬からシーズンを再開したが、選手やスタッフは「バブル」と呼ばれる、外部とは完全に隔離された環境での生活を続けた。

 当初は家族が施設に入ることも禁止されていたため、ホテルでの〝缶詰〟生活はストレスがたまりがち。そんな環境でのホスピタリティーに対してウエストブルックは「彼ら(ホテルのスタッフ)はハイレベルで、とても素晴らしい仕事をしてくれた」との感謝を、チップという形で示した。

 ロケッツは西地区4位でプレーオフに進出。1回戦でオクラホマシティー・サンダーを下したものの、地区準決勝でレイカーズに敗れた。