【NBA】渡辺雄太が豪快ダンク! グリズリーズはセルティックスに107―122で敗戦

2020年08月12日 12時00分

渡辺雄太

【フロリダ州オーランド11日(日本時間12日)発】米プロバスケットNBAでメンフィス・グリズリーズはボストン・セルティックスと対戦して107―122で敗れた。

 グリズリーズの渡辺雄太(25)は第4クオーターの残り2分38秒から2試合ぶりに出場した。

 100―119と試合の大勢は決した状況だったが、コートに立つとすぐにシュート。残り1分9秒には相手のマークを振り切ってボールをもらうと、豪快にダンクを叩き込んだ。

 得点はこの2点だけだったものの、プレー中は積極的に声を出し、シーズン再開から2度目の出場のチャンスに、チームメートとコミュニケーションを図る姿勢が見られた。

 西地区はプレーオフ最後の枠となる8位をめぐって、グリズリーズを含めた4チームが0・5ゲーム差にひしめく大混戦。グリズリーズは13日(日本時間14日)のレギュラーシーズン最終戦で東地区1位が決まっているバックスと対戦する。