ジャパネットがバスケットボールにも参入! 長崎本拠にチーム名公募へ

2020年07月10日 17時09分

 通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎・佐世保市)は10日、プロバスケットボールチームの立ち上げを発表した。

 すでに男子Bリーグ3部(B3)の参加資格申請を行っており、2021―2022年シーズンからの参入を目指す。

 同社はサッカーJ2長崎の親会社。運営はグループ会社が行い、チーム名は特設サイトとJ2長崎の公式アプリで8月31日まで公募する。2024年までに「長崎スタジアムシティ」内にアリーナ(ホームコート)を完成させる予定もある。

 同社の髙田旭人社長は「サッカーで感じた喜びやワクワクをバスケットボールでも長崎の皆様とつくりあげていきたいという想いからBリーグへの参入を決意いたしました。強さだけではなく人としての魅力も兼ね備え、子ども達が目指したくなるようなクラブであることにこだわり、2024年『長崎スタジアムシティ』の完成時には、B1リーグの舞台で戦うクラブとして皆様に応援していただけることを目指してまいります」とコメントした。