【NBA】7月31日に再開 22チーム参加

2020年06月05日 16時40分

 米プロバスケットNBAは4日(日本時間5日)の理事会で、3月から中断しているレギュラーシーズンを7月末に再開することを承認した。全30チーム中22チームが参加し、フロリダ州オーランドでプレーオフを含めた全試合を行う集中開催の方式がとられる。

 22チームの内訳は、プレーオフ進出圏にいる東西上位各8チームと、8位から6ゲーム差以内の6チーム。東地区では八村塁(22)が所属するワシントン・ウィザーズだけが対象となった。

 各チームは7月9日からオーランドでキャンプに入り、公式戦は31日からの見込み。

 レギュラーシーズンは8試合を行い、8位と9位が4ゲーム差以内の場合は「プレーイン・トーナメント」を行ってプレーオフ進出チームを決定。プレーオフは従来通り4戦先勝(最大7戦)のフォーマットで行われ、年間王者を決める「ファイナル」は10月12日までに終了する予定となっている。

 その後、2020~21年シーズンは12月1日に開幕する見通しとなっている。