【バスケット】Bリーグ次期チェアマンに千葉・島田会長が就任

2020年05月27日 16時40分

 プロバスケットボール男子のBリーグは次期チェアマンにB1千葉の島田慎二会長(49)が就任すると発表した。

 島田氏は旅行代理店を経て、海外出張専門の旅行会社やコンサルティング会社を設立。2012年に「引き受けないと会社を潰す」と半ば脅された形で、経営に苦しんでいたbjリーグ千葉の社長になった。16年のBリーグ発足後も地域密着の戦略で人気クラブに育て上げた。その手腕を買われ、昨年末からは内紛問題に揺れた全日本テコンドー協会の副会長に就くなど、多方面で活躍中。6月末で退任する大河正明チェアマン(61)も「強い信念と強いリーダーシップを持っている。現場での実績、バイタリティーも十分」と期待した。

 Bリーグは、中期計画の中で26年までに大改革を決行する方針を示している。バスケ界を盛り上げるべく、敏腕経営者が新たな一歩を踏み出す。