【NBA】八村 1年目シーズンこのまま終了も

2020年03月13日 16時40分

八村は感染したゴベール(左)と“濃厚接触”していた(ロイター=USA TODAY Sports)

 八村もついにコロナ禍にのみ込まれた。米プロバスケットボールNBAは11日(日本時間12日)、ユタ・ジャズのルディ・ゴベール(27)が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことで、12日以降の公式戦を中断すると発表した。

 ジャズはこの日、敵地でオクラホマシティー・サンダーと対戦が予定されていた。だが試合開始直前に選手はロッカーに引き揚げ、両監督と審判が協議を開始。その後、試合の延期がアナウンスされた。

 突然の出来事に観客からはブーイングも起きたが、その後理由はゴベールの同ウイルス感染によるものと判明し、NBAはシーズン中断を発表。2時間半後に開始予定だったサクラメント・キングス対ニューオーリンズ・ペリカンズ戦も、審判の一人が9日にジャズの試合を担当していたこともあって延期となった。

 レギュラーシーズンは約8割の日程を消化し、4月中旬からはプレーオフ(PO)が始まる予定だったが、中断期間等の詳細は未定。PO進出を目指して18試合を残していたワシントン・ウィザーズの八村塁(22)の1年目も、このまま終了となる可能性も出てきた。