【NBA】八村24試合ぶり復帰 開始16秒で得点

2020年02月04日 09時43分

八村(ロイター=USA TODAY Sports)

【ワシントン3日(日本時間4日)発】米プロバスケットボールNBAで鼠径(そけい)部を痛めて戦列を離れていたウィザーズの八村塁(21)が本拠地ワシントンで行われたウォリアーズ戦で昨年12月以来、24試合ぶりに復帰を果たした。スコット・ブルックス監督(54)はいきなり先発で起用。背番号8は1か月半ぶりのコートで躍動した。ティップオフからボールを持った八村は味方に渡すと、ゴール下にもぐりこんで開始16秒で得点した。

 開幕から先発に定着していた八村は昨年12月16日の試合で味方と接触して負傷。治療とリハビリを経て1月22日から全体練習にフル参加し、調整を重ねてきた。離脱前は25試合で平均13・9得点、5・8リバウンド、1・6アシストを記録していた。