【バスケット】ビッグ3初の揃い踏みで見えた「W杯への修正点」

2019年08月15日 16時30分

渡辺雄(左)がシュートを決めると、八村は背中に祝福のタッチ

 バスケットボール男子の強化試合(14日、神奈川・カルッツかわさき)で日本はニュージーランドに87―104で敗れた。八村塁(21=ウィザーズ)と渡辺雄太(24=グリズリーズ)のNBAコンビと、ファジーカス・ニック(34=川崎)のビッグ3が初めて揃い踏みしたが、W杯(31日開幕、中国)に向けて見えた修正点とは?

 3人が揃ってプレーした最初の6分間は4点差に食い下がったものの、その後は前半で19点差がついた。後半の追い上げも最後まで追いつくことはできず、12日に99―89で快勝した相手に連勝はならなかった。

 2日の練習中に右足首を負傷した渡辺雄は、チーム全体での練習は前日に少し参加しただけという回復状態。試合復帰は22日のアルゼンチン戦と見込まれていた。

 だが世界ランキング5位の強豪相手に「いきなり長い時間やるのは無理」とこの日の出場を直訴。医療スタッフに「10分間限定」の制限をかけられてのプレーでは6得点1リバウンドと物足りなく「3人の連係が悪かったし、僕自身もボールを持ちすぎてしまった」と反省しきりだ。八村も「3人が揃うとオフェンスに注目されるけど、もっと守備でできたことがあると思うので、そこは今後の練習で考えていかないと」と、意思疎通の改善をテーマに挙げた。

 それはチーム全体としても同じ。日本協会の東野智弥技術委員長(48)は「20点差を9点差まで詰めることができたのに、その時に何をしなければいけないかが、ボケてしまっていた」とこの日の試合を振り返る。

 逆転を狙う状況でのプレーは当然練習しているが、チームメート相手と世界ランクで格上(ニュージーランド38位、日本48位)相手に“ガチンコ”の勝負では全く違う。強敵相手に明らかになった課題を、やはり強豪との連戦となるW杯に向けてどう修正するかがカギだ。ただわずか10分とはいえ、渡辺雄が実戦のコートに立った上で見えた課題だけに、対処の幅は広がっただろう。

 合宿続きのチームはつかの間のオフとなるが、渡辺雄は「足首と相談しながら、やれることをやりたい」と宣言。順調に回復させることも課題の一つと言えそうだ。