NBAデビュー渡辺が足踏み入れた年棒8億円の世界

2018年10月31日 16時30分

渡辺(左)には無限の可能性が広がっている(ロイター=USA TODAY Sports)

 NBA(米プロバスケットボール)メンフィス・グリズリーズの渡辺雄太(24)が、27日(日本時間28日)に行われたフェニックス・サンズ戦でNBAデビューを飾り、金銭面でも大きな注目を集めている。

 対戦相手だったサンズに2004年に所属した田臥勇太(38=Bリーグ栃木)以来、日本人2人目となるNBA公式戦への出場は4分31秒。華麗な動きで反則を誘い、これで得たフリースローで得点も決めた。

 今季の契約は基本的に傘下の下部リーグ「メンフィス・ハッスル」でプレーし、最大45日間までサンズに昇格できる「ツーウエー契約」。年俸は公表されていないが、7万5000ドル(約848万円)をわずかに上回る程度と言われている。

 NBAに昇格すると「日当」が支払われ、収入は最大38万5000ドル(約4350万円)に。昇格日数が45日に達し、チームがさらに必要と判断した場合は、NBA選手としての「スタンダード契約」に切り替わる。

 1チーム15人、ツーウエー契約を含めても17人しか契約できないNBAは米4大スポーツの中でも最も“狭き門”。選手の平均年俸740万ドル(約8億4000万円)は世界中のスポーツリーグでも最高峰で、トップのステフィン・カリー(30=ゴールデンステート・ウォリアーズ)の今季年俸は3745万7154ドル(約42億円)だ。

 渡辺はデビュー戦後、自身のツイッターに「まだまだあくまでスタートライン。自分の目標はもっと高い所にあります!」と投稿。日本のスポーツ史上最高年俸はヤンキース田中将大投手(29)の2200万ドル(約24億9000万円)。お金がすべてではないが、マー君に並ぶような活躍が期待されるところだ。