• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【追悼 衣笠祥雄氏】ソフトB達川ヘッド「すし屋なのに締めはステーキだった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【追悼 衣笠祥雄氏】ソフトB達川ヘッド「すし屋なのに締めはステーキだった」


キャンプで達川(左)、阿南監督(中)と笑顔で雑談する衣笠氏(1987年2月)

 ソフトバンクの達川光男ヘッドコーチ(62)が24日、広島黄金期の大先輩でもある衣笠祥雄氏を悼んだ。

 ソフトバンクのヘッドコーチ就任後、昨年のキャンプの際に「若いキャッチャーを怒るなよ。怒ったら今の子は伸びんぞ」と電話でアドバイスを受けたという達川ヘッドは現役時代についてもこう振り返る。

「(捕手出身の衣笠氏は)キャッチャーの心理とかを教えてくれた。落ち込んでいたときには『キャッチャーはそういうポジションだから我慢せえよ』と声をかけてもらった」。レギュラーをつかんだときには「市民球場で『タツ、上手になったな』と言ってもらって、そこから自信がついた」

 とにかく野球が大好きで「今まで数多くの野球好きを見たが、キヌさんがナンバーワンじゃないかな」と達川ヘッドはいう。現役当時にいち早く衛星放送を入れ、メジャーの試合を見ていたことも明かした。

 1984年に衣笠氏はMVPに輝いているが、その後のキャンプではこんなことも口にしていたという。「倉庫で下着1枚になって素振りをしていて『これでゆっくり寝られるよ。キャンプが一番いいぞ。規則正しい生活を送れるから』と言っていた。ワシらは地獄のキャンプが始まると思ったものだけど。小説を時々読んでいたくらいで、あとは野球のことしか考えてなかった」と続けた。

「(現役時代の)キャンプ中、すし屋に連れて行ってもらっていた。生ものを食べないのにすし屋が好きでね。まず、頼むのはギョク(玉子)。それから生ものじゃないのを頼んでいた。最後はすし屋なのにステーキが出てきてね」。達川ヘッドは沈痛な面持ちで突然の別れを惜しんだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!