• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 暴言退場の阪神・メッセが本紙にだけ明かした去就

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暴言退場の阪神・メッセが本紙にだけ明かした去就


松山(右)に痛恨の押し出し四球を与えたメッセンジャー

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が先発した12日の広島戦(甲子園)で、来日9年目にして初の暴言による退場処分を食らった。2回に3連打などを浴びて逆転され、さらに満塁のピンチで松山にフルカウントから投じた一球がボールの判定。痛恨の押し出し四球となり、この微妙なジャッジに激高した助っ人右腕は、マウンドを降りると白井球審に詰め寄り暴言を連発し、球場が騒然とするなか退場が宣告された。

 怒り心頭のメッセンジャーは無言のまま球場を後にし、金本知憲監督(50)は「今日は低めに気を配っていたから余計にイライラしたのだろう。次は落ち着いて投げてほしい」と嘆いた。ただ、メッセンジャーの“猛虎愛”は半端ではない。

 16日に国内FA権を取得し、来季から日本人扱いとなる右腕の動向には他球団も大注目している。この件について、助っ人右腕は本紙に対し「契約については僕が決めることじゃないから。ただ球団が契約してほしいと言えばそうする。他の球団に行く気はまったくないよ。球団があと2年やってほしいと言ったら? そのときは2年やるよ」といち早く阪神残留を明言した。

 かつては「38歳で辞めたとしても野球で20シーズン過ごしたことになる。もう十分」と2019年限りでの引退を視野に入れていたが、阪神からのラブコールからあればそのプランを見直すつもり。そんな心意気に球団側も「もちろん必要な戦力なので、そう言ってくれているのはありがたい。しかるべきタイミングでしっかりとした対応を取っていきたい」(揚塩社長)と複数年契約を準備して対応するという。“生涯・タイガース”を表明したメッセンジャー。次回は名誉挽回の投球に期待だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!