• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > イチロー慕う敵チームの若手有望株 ホワイトソックス・シーズ投手「応援しながら育った」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチロー慕う敵チームの若手有望株 ホワイトソックス・シーズ投手「応援しながら育った」


ファンにサインするイチロー(ロイター=USA TODAY Sports)

【アリゾナ州ピオリア発】マリナーズのイチロー外野手(44)は12日(日本時間13日)のホワイトソックス戦で2打数無安打1四球で期待されたオープン戦初安打は出なかった。しかし、4回に四球で出塁すると次打者の三塁打で一塁から一気に生還して初得点をマーク。ファンを魅了した。そんなイチローのプレーを楽しみにしているのは相手チームの投手も同様だ。

 ホワイトソックスの有望右腕、ディラン・シーズ投手(22)は150キロ台後半の速球でぐいぐい押した。降板後、「ゲームが始まる前は対戦についてあれやこれや考えたけど、彼が打席に入ると何も考えなかった。彼は偉大な選手だし、僕は彼を応援しながら育ったんだ。対戦できて本当にクールだった」と興奮していた。このコメントをシカゴ・トリビューン紙も試合記事のメインで取り上げた。

 シーズに限らず若い選手にとってイチローはアイドルであり、メジャーを象徴する選手の一人。そんなレジェンドと同じグラウンドに立てるだけでも幸せだろう。

 前日まで2試合連続でオープン戦に出場したイチローは、13日(同14日)がナイター明けのデーゲームということもあり、遠征のロッキーズ戦は欠場。キャンプ施設でキャッチボールや屋内ケージでの打撃練習を行った。

 次回出場についてサービス監督は練習前の会見で「今日はオフ。明日はプレーするだろう」と話し、14日(同15日)のジャイアンツ戦出場を示唆した。復帰初安打は出るか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞 new
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!