• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > DeNAの命運握る大和と倉本の急造二遊間

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAの命運握る大和と倉本の急造二遊間


DeNAの鍵を握る大和(右)、倉本の二遊間コンビ

【赤坂英一 赤ペン】「何しに来た、おまえは来るなと言っただろ!」

 沖縄・宜野湾のDeNAキャンプを訪ねたら、いきなり高田GMにかみつかれた。「いやあ、優勝候補の球団を取材しませんと」と返すと「優勝できるわけないだろ。優勝するのは巨人だよ。今年の巨人は強いぞお」とかわされた。

 しかし、この自虐的な憎まれ口、実は自信の裏返しではないか。去年は2年連続CSに進出し、日本シリーズでも王者・ソフトバンクに善戦。他球団の首脳陣からも「DeNAは侮れない。若い選手が次々に頭角を現してきた3~4年前の広島に似ている」という声が聞かれるほど。

 そんな今年のDeNAで重要なカギの一つになるのが、FAで補強したユーティリティープレーヤー大和の使い方だ。昨季、阪神で最も多く守ったのは遊撃の56試合(ほかに二塁48、外野5)。DeNAキャンプの練習でも当初は遊撃に入れるケースが目についた。そのため、昨季まで遊撃のレギュラーで、チーム唯一フルイニング出場した倉本は二塁に回されている。この“急造二遊間”に不安はないのか。現役時代、内野全ポジションを守った永池内野守備走塁コーチに聞いた。

「大和は安心して見ていられますけど、倉本は二塁は初めてなんです。固定するとなると、もっと経験を積ませる必要があるでしょう。二塁は遊撃と違い、封殺や併殺の際に左右の両方向に体を開いて送球しなきゃいけない。使う筋肉が違うので、遊撃や三塁から二塁へ回されたら、最初はあちこち筋肉痛になるほどですから」

 そんな倉本の負担を考慮してか、20日の韓国・ハンファとの練習試合では「二塁・大和、遊撃・倉本」の布陣も試していた。二塁の控えには3年目の柴田もおり、当分試行錯誤が続きそうだ。

 ちなみに、ヤクルトの某コーチによれば「敵から見たら、大和よりも倉本を遊撃に固定されたほうが嫌です。慣れたポジションなら、打撃もノビノビ振れますから」という。昨季の倉本は、得点圏打率3割4分2厘を誇る「恐怖の9番打者」でもあったからだ。

 この話を永池コーチにぶつけると「参考にさせていただきます。これからオープン戦を通して判断していきますよ」と笑った。DeNAの命運を握る二遊間、どういう組み合わせになるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!