• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 阪神・金本監督 二塁転向の鳥谷は実戦より守備練習を優先

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神・金本監督 二塁転向の鳥谷は実戦より守備練習を優先


 阪神・金本知憲監督(49)がキャンプ休日の14日、2年目・大山悠輔内野手(23)の三塁コンバートを受けて、二塁転向が確実となった名手・鳥谷敬内野手(36)について「(次のクールは)試合に出るよりは、もう少し(二塁で)ノックを受けたほうがいい」と守備練習を優先させる考えを明かした。

 前日(13日)は今季から導入されるリクエスト制度に対応するため、併殺プレーを徹底させたばかり。鳥谷にとって不慣れなポジションとなるだけに、久慈内野守備コーチは「リクエストのことも考えて、しっかりできるようにしないといけない」と話した。

 昨年は北條を遊撃で起用するために三塁に転向し、今年は二塁へ。チーム内では「金本監督は鳥谷の将来も考えているはず。このチームで長生きするには二塁のほうがいい。ショートではかつてのような守備範囲はない。三塁が大山でハマれば戻れることはないだろうし、ここは助っ人もやってくるから。手薄な二塁でやるのが賢明だ」という声が上がっている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】爆裂スマイル長沢彩がアルテミス賞を制覇!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!