• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > DeNAにFA移籍の大和を直撃「阪神を離れ不安はないか?」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAにFA移籍の大和を直撃「阪神を離れ不安はないか?」


新天地でのキャンプに臨んでいる大和

【核心直撃】昨オフ、阪神からDeNAにFA移籍した大和内野手(30)。古巣・阪神の残留要請や在阪球団のオリックスからオファーを受けながら、横浜での再出発を決意した。移籍までの経緯や思い、キャンプでの取り組みなど、本人を直撃した。

 ――DeNAの印象

 大和:若いチームですし、やりやすい環境をみんながつくってくれている。若い子たちも積極的に話し掛けてくれますし。阪神は(年齢が)上の人が多かったので。ここでは(自分より年齢が)下の人から聞かれることが圧倒的に多いですから、そこは違いますね。

 ――DeNAを選んだ理由は、出場機会が増えると感じたからか

 大和:そこ(出場機会)が大きいですが、出場機会というのは自分の結果次第だと思うので。どのチームに入ってもそれは一緒だと思います。

 ――ただ、オリックスは在阪チームで若さもある。レギュラーのチャンスもあった

 大和:レギュラーというのは自分から奪うもの。ポジションが空いているから行く、というわけでもないと思います。僕はレギュラーの確約なんていらなかったし、結果が出なければ試合に出られないのがこの世界。FAで来たからといって特別扱いされたくないですしね。(DeNAには)そういうのがないところにひかれたし、ここに来てよかったと思います。

 ――大和選手といえば守備。だが、定位置を奪うには打撃も求められる

 大和:もちろん打撃の成績を上げることも重要。(スイッチに転向した)昨年が左(打ち)を始めた1年目でしたし、まだ伸びしろはあると思っています。具体的にどうこうはないですけど、左打席をどうにかしないと打率は残らないのは自分でも分かっている。左(打席)の練習が今後も多くなると思います。

 ――右打席と左打席ではまだ違和感がある

 大和:ありますね。今でも右打席から左に代わると感じますよ。見る景色が違いますから。それはずっと抜けないと思います。自分の場合は今、左打席から先に練習に入った方が右でもいい。右から入ると、左が少しおかしくなるので。

 ――12年間、慣れ親しんだ阪神から離れ、いろいろな意味で不安はないか

 大和:それは全然ない。自分が楽をしようと思えば阪神に残れましたけど、それをやめて(DeNAに)来たわけですから。不安なんて全くない。(阪神を)出たからにはやるしかない。今はその気持ちしかない。

 ――まだシーズンで打率3割を残したことがない。全試合出場を重視したいか、それとも打率3割を目指したいか

 大和:その2つの目標なら全試合出場でしょうね。全試合出ることによって、打率3割の確率はあるわけですし。自分としては全試合出ないことには(打率は)始まらないと思っています。それだけ試合に出場しているということは、結果を出しているはずなので。全試合出場して、結果を残したいです。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!