• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 石井コーチの後継者 広島・東出打撃コーチがベタボメ いま最もレギュラーに近い“伸び盛り”の男とは

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石井コーチの後継者 広島・東出打撃コーチがベタボメ いま最もレギュラーに近い“伸び盛り”の男とは


東出輝裕打撃コーチ

【赤坂英一 赤ペン】「琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)がウチにいる間に、一人前にしようとしていた選手がいるじゃないですか。野間、堂林、美間…今年は彼らが伸びています。一人前になるのはもうちょっと先かもしれませんけど。ぼくがそう言っていたと、琢朗さんに伝えてください」

 広島の日南キャンプ、東出打撃コーチが張り切っている。ヤクルトに去った「琢朗さん」こと石井コーチに代わって、今年からメインの打撃担当に昇格。打線にさらなる厚みを加えるべく、とりわけ若手や控えを連日熱心に指導中だ。

「野間は練習でボールをつかまえるのが上手になった。堂林も、形にこだわった打ち方から脱皮しつつある。あれが実戦でもできるようになってくれば面白い」

 一方、いま最もレギュラーに近いのが西川だ。

「今年は安部とサードの定位置争いをするんじゃないか。安部も去年10年目でサードに定着しましたが、西川も今年3年目ですごい勢いで伸びている。オフの間もしっかり練習してきた。もともと西川の打撃センスは天才的ですからね」

 そんな西川と安部の組み合わせは「チームとしても実に理想的なライバル関係」だと東出コーチは言う。「中堅の安部、伸び盛りの西川が争えば打線の総合力がグッと上がるから」だ。

「そういう意味で捕手の会沢(12年目)、坂倉(2年目)にも同じことが言える。まあ、会沢がポジションを譲ることはまだまだないだろうけど、坂倉の打撃はもう一軍レベルです。泥臭く練習に打ち込む姿勢もいい。近い将来、レギュラーをうかがえる存在になってくるでしょう」

 捕手といえば、今年のドラフト1位新人・中村奨もいる。チーム内には二軍でじっくり育てるべきとの意見もあるが「ぼくとしては今年中に一軍の試合で打席に立たせてみたい」と東出コーチはこう言った。

「自主トレから練習を見てますが、タイミングの取り方とスイングの軌道がいいんです。引っ張り専門かと思ったら、ボールの内側に入るのも上手だし。木のバットとプロの球に慣れたらどれだけ打てるか、見てみたい。甲子園で6発も打ったほどだから、もともと実戦向きのタイプだと思うんですよね」

 前向きなコメント力でも「琢朗さん」に引けを取らない東出コーチ、いまから赤ヘル打線が爆発するのが楽しみだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!