• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ヤクルト・石井琢朗打撃コーチに聞く「リーグワーストの打率をどう立て直しますか?」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルト・石井琢朗打撃コーチに聞く「リーグワーストの打率をどう立て直しますか?」


ヤクルトでも熱血指導の石井コーチ(左)

【核心直撃】昨年、球団ワースト記録の96敗を喫したヤクルトが連日の猛練習で巻き返しを図ろうと必死だ。特に野手は12時間を超える厳しい練習が課される日もある。その一翼を担うのが、昨年まで広島でコーチを務め、リーグ連覇に貢献した石井琢朗打撃コーチ(47)だ。成果は期待できるのか、直撃した。

 ――連日の猛練習だ。広島の3連覇は阻止できるか?

 石井コーチ:広島にはなかなか追いつけないと思う。向こうの方が先にやっているから。同じような練習はやらせていますけど、何がハマるか分からない。結果が出ればいいけれど、出なかったら違う方法を考えないといけない。

 ――練習量が必要なチーム状況でもある

 石井コーチ:今は猛練習は必要だと思う。ただ僕は「意識ありき」だと思っているんです。いくらメニューを与えて量をやらせても、そこに選手たちの意思がないと「ただやらされているだけ」「きついだけ」で終わっちゃうので。

 ――広島の選手には、その「意識」があった

 石井コーチ:広島ではそこも同時にミーティングとかで持たせていた。そうしたらメニューを与えなくても自分たちでやりますし。そこだと思うんですよ、ここも。それだけでだいぶ変わると思うんです。

 ――昨年はリーグワーストの打率(2割3分4厘)だった

 石井コーチ:昨年は特に故障者が主力の中で多かったこともある。ただ僕は主力が誰か欠けたから打線が機能しないとかいうんじゃなく、主力が抜けてもそこそこ機能する打線を作らないといけないなと思う。それこそ若い選手の底上げが課題。選手個人個人というよりもチーム全体っていうイメージですね。

 ――チーム全体とは

 石井コーチ:誰か一人、例えば「山田哲人がトリプルスリー」とか、目指しているのはそこじゃない。100点の選手を育てることじゃなく70、80点、平均点以上の選手を数多くつくりたい。いくら100点の一人突出した選手がいたとしても、周りが50点だったら平均点は落ちてくる。そうじゃなく平均点以上の選手が並んでいる打線の方が機能すると思います。

 ――若手の主力は山田ぐらい

 石井コーチ:だから広岡、西浦、奥村あたりの底上げ(が大事)。誰か(主力が)いなくなった時でもベストじゃないけど、ベターな打線を組める、そこそこ戦える打線を考えていかないといけない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!