• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「叙勲受章祝賀会」でエモやん節健在!川淵氏はtoto創設秘話を明かす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「叙勲受章祝賀会」でエモやん節健在!川淵氏はtoto創設秘話を明かす


江本氏(右)の議員時代の“秘話”を明かした川淵氏(左)

 南海、阪神で活躍した元参議院議員の江本孟紀氏(70)の「叙勲受章祝賀会」が29日、都内のホテルで開催された。参議院議員としてスポーツ振興くじ(toto)の創設に尽力したことや、野球界への貢献などから昨秋に旭日中綬章を受章。壇上に立った江本氏は冒頭で「勲章などというものはまったく頭になかった」と照れ笑い。「これだけ多くの方に参加していただけたことが最高の勲章」と感謝した。また、昨年6月に胃がんを患って手術で胃を全摘出し、2週間入院していたことを明かした。現在は「やっと回復して食事も普通通り食べられますし、力をつけております」という。

 そして金田正一氏(84)や南海時代の恩師である野村克也氏(82)が出席していたことを意識してかエモやん節でこう続けた。「この先、どれほど頑張れるか分かりませんが命ある限り、まあ野村(克也)監督か金田さんより、先に逝くのは嫌だなとちょっと一瞬思ってはいますけど…。それも分かりませんけど、何とか頑張りたいと思います」と会場の爆笑を誘った。

 元首相の鳩山由紀夫氏(70)や巨人球団特別顧問の原辰徳氏(59)らが登壇し、祝辞を述べた。そんな中、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(81)は江本氏が議員時代にtotoの制度創設に尽力した“秘話”を次のように明かした。

「文科省がイタリアのトトカルチョを見習って何とかスポーツ界の強化費を稼ぎたいという法案を出そうとしたのですが、当時は野球界も含めて反対運動が起こった。その中で江本さんが『スポーツ界発展のためにぜひこの法案を通すべきだ』と強く主張していただいて、この法案の実現に向けてご努力いただきました。そのおかげでスタートできたのです」

 乾杯の音頭を取ったのは参議院議員のアントニオ猪木氏(74)。「炎のファイター」が流れる中、さっそうと登場するや「行くぞ! 1、2、3、乾杯!」と声を掛けた。

 球界から元広島および元侍ジャパン監督の山本浩二氏(71)、横浜やマリナーズで活躍した佐々木主浩氏(49)ら、芸能界からもバーニングプロダクション代表取締役社長・周防郁雄氏が駆けつけるなど約650人が出席。江本氏を祝福した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!