• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > DeNA・ウィーランド 2年目の今季は“二刀流”?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNA・ウィーランド 2年目の今季は“二刀流”?


ウィーランド

【核心直撃】日本1年目となった昨季、いきなり10勝(2敗)の好成績でDeNAの日本シリーズ進出に貢献すると、オフに契約を延長。シーズン3本塁打を放つなど打棒でも活躍した右腕ジョー・ウィーランド投手(28)が本紙の独占インタビューに応じ、日本2年目となる今季への意気込みを語った。

 ――昨季を振り返って。いきなり日本シリーズに出られると思っていたか

 ウィーランド:正直、想像していなかった。米国にいた時、DeNAは若い力があって成長しているいいチームと聞いていたけど、まだ先のことだと思っていた。自分なりに貢献することができたと思う。

 ――昨季は10勝をマークし、CSでも2勝。それだけではなく打撃でも3本塁打を放った。「8番・投手」を採用したラミレス監督はどういう存在か

 ウィーランド:チームのリーダーで決断をする存在だし、リスペクトしている。監督として素晴らしい仕事をしたと思う。若い力も引き出していたと思う。外国人選手にも直接、アドバイスをくれた。日米の野球の違いを教えてくれた。

 ――大谷がポスティングでエンゼルスに移籍し、今季、日本での“二刀流〟といえばウィーランド選手ということになる

 ウィーランド:正直、(打撃は)大谷君とは比較にならない。自分は“大谷2世〟にはなれないよ。昨季はたまたまいい結果が出ただけ。大谷君にはメジャーでも二刀流で成功してほしい。日本のファンもそれを願っていると思う。

 ――そうはいっても昨季以上に本塁打を打つつもりでは

 ウィーランド:ハハハッ。正直、今は今季の打撃のことは考えていない。その質問は春季キャンプでまた聞いてほしい(笑い)。

 ――整体師の資格を持つベス夫人の存在は日本での成功に大きかった

 ウィーランド:妻の支えが成功の要因。一緒になって支えてくれた。そういう存在が家に帰ると待っているというのは素晴らしいこと。

 ――日本での生活にストレスはないか

 ウィーランド:ストレスはない。私はスシが大好きだ。試合前は必ず食べる。食事だけではなく日本の文化も大好き。食べ物も文化も何でも一度は試してみた。食わず嫌いはしなかった。人生にプラスを与えてくれる。

 ――DeNAのチームメートはどういう存在か

 ウィーランド:みんな素晴らしい。若い選手が多いし、ベテランもいてチームはいいバランス。楽しい時と何かしなければならない時でピリッと変われる。特に筒香がものすごいキャプテンシーを持っていて引っ張っている。石田や今永ら先発陣も明るく素晴らしい選手ばかり。明るい将来が待っているんじゃないかという選手が多い。彼らとは食事も一緒に行くこともあるし、本当に仲良く接しているよ。

 ――日本2年目となる今季に向けて

 ウィーランド:ベイスターズに優勝をもたらしたいという気持ちでいっぱいです。

 ☆ジョー・ウィーランド 1990年1月21日、米国・ネバダ州生まれ。レンジャーズ、パドレス、ドジャース、マリナーズ、ブレーブスを経て2017年DeNA入り。防御率2・98、10勝2敗の好成績を挙げるとCSでも2勝をマーク。家族はベス夫人。188センチ、93キロ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!