• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > “お騒がせ男”西武・相内が運転免許取得 社会人でも問われる真価

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“お騒がせ男”西武・相内が運転免許取得 社会人でも問われる真価


相内誠

 かつて「房総のダルビッシュ」と呼ばれた西武・相内誠投手(23)がこのオフ、ひっそりと運転免許を取得した。

 西武にドラフト2位指名を受けた2012年12月に東京湾アクアラインの木更津金田インターチェンジ付近で無免許運転を行い、速度超過で千葉県警に摘発。当時高校生だった相内は無期限謹慎処分を受け、西武入団も一時凍結されるなど大きな騒動を巻き起こした。

 その後14年1月にも未成年にもかかわらず飲酒、喫煙していた事実が発覚。球団から6か月間の対外試合出場停止処分を受けるなど野球以外の騒動ばかりがニュースになってきた。その相内がこのオフ、入団から5年間を過ごした若獅子寮を退寮。都内で一人暮らしを始めたことを機に運転免許証取得に初チャレンジ。昨年暮れに千葉県内での合宿免許に参加し、年明けの学科試験にも通って晴れて免許取得者となった。

 球団関係者の一人は「周囲からは『これまで2度も騒動を起こしてきて3度目はないぞ』ときつく言われているし、本人にもその自覚は十分にある。どうか温かい目で見てあげてほしい」と語った。

 これまで一軍では9試合に登板し0勝5敗、防御率15・00とその壁にはね返されてきた。背水のプロ6年目に「まだ一軍に定着できていないし、しなきゃいけないので穴があれば先発でも中継ぎでもどこでもいい」と不退転の覚悟を語っている相内はプロ野球選手として、また社会人としてもその真価が問われている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】爆裂スマイル長沢彩がアルテミス賞を制覇!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!