• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 西武からポスティングの牧田 パドレスと2年契約で合意

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武からポスティングの牧田 パドレスと2年契約で合意


パドレス入団が決まった牧田

【マサチューセッツ州ボストン6日(日本時間7日)発】西武からポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を目指していた牧田和久投手(33)がパドレスと2年契約で合意したと、複数の米メディアが報じた。米スポーツサイト、ファンラグ・スポーツのジョン・ヘイマン記者は自身のツイッターで「2年400万ドル(約4億5200万円)に近い」とつぶやいた。落札金額については明らかになっていない。入団交渉の期限は米東部時間10日午後5時(同11日午前7時)だったが、余裕をもって決まった。

 牧田は昨年、2大会連続でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場し、守護神として活躍。5試合で1勝2セーブ、防御率3・00。侍ジャパンが敗退した準決勝の米国戦では登板機会はなかった。決勝前に調整したアリゾナで「牧田くん、いいねぇ~」とツイッターを通じて高く評価したカブスの上原浩治投手(42)と会い、刺激を受けていた。敗戦の翌朝、宿舎をチェックアウトする際、「通用するかどうか分からないですけど、やってみたいかと言えば、やってみたい、ですね」とメジャーへの興味を明かしていた。

 現在、メジャーのロースターに入っている投手で横手投げは何人かいるが、リリースポイントが地面すれすれの下手投げは見当たらない。牧田は唯一無二の存在となるかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!