• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > アスリートキャスターの先駆者・星野仙一さん NHKで好感度急上昇

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスリートキャスターの先駆者・星野仙一さん NHKで好感度急上昇


2007年、マスターズのリポートで片山晋呉(左)と星野氏

 70歳で死去したことが明らかになったプロ野球の元投手・監督の星野仙一さんは、現役引退後にスポーツキャスターとしても活躍。現在では珍しくない“アスリートキャスター”の先駆者と言える存在だった。

 星野さんは引退翌年の1983年にNHKのプロ野球解説者に就任。85年には4月にスタートした「サンデースポーツスペシャル」(現・サンデースポーツ)の初代キャスターを務めた。

「燃える男」と称され、現役時代の武闘派イメージから世間的にはコワモテの印象もあった星野さん。同番組では一転、笑顔を絶やさずソフトなムードを醸し出し、知名度と好感度が飛躍的に高まった。以来、国政選挙のたびに出馬が注目されるなど、球界の枠を超えた人気者になった。

 スポーツ選手のメディア露出が現在ほどなかった時代。81年から現場を離れた長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(81)も五輪をはじめ数々のスポーツ現場でリポートなどを行ったが、本格的にキャスター業に進出したのは星野さんがさきがけ格だった。

 その後、ラグビーで新日鉄釜石を日本選手権7連覇に導いた元日本代表の松尾雄治氏(63)や、バレーボール元全日本のスター選手だった川合俊一氏(54)らが民放でスポーツ番組のキャスターを務めるようになった。星野さんは中日の監督就任に伴い87年1月に番組を離れたが、以降も山本浩二氏や山田久志氏、現楽天監督の梨田昌孝氏ら球界OBがキャスターを務めた。現日本ハム監督の栗山英樹氏も民放でのキャスター歴がある。

 NHKのウェブサイトによると、星野さんはキャスター就任当時に「どんな試合であれ、僕の放送聞けば本音がわかると言っておきましょう」とプロ意識をのぞかせていた。本音や鋭い指摘、それでいて人情味あふれるキャスターぶりが評判だったと紹介されている。93~95年に再びNHK解説者を務め、2005~07年にはTBSが放送する男子プロゴルフのメジャー大会・マスターズのスペシャルナビゲーターとして米国へ足を運んだ。15年には「サンデースポーツ」の4月キャスターに。長嶋氏と王貞治・ソフトバンク球団会長(77)に呼びかけた対談を実現させ、「ON対談」と話題を呼んだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!