• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 松坂の売り込み断っていた!阪神が引退勧告

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松坂の売り込み断っていた!阪神が引退勧告


阪神に売り込みをかけていた松坂

 阪神が今オフ、ソフトバンクを退団し、新天地でのプレー続行を望んでいる“元祖怪物”松坂大輔投手(37)からの「売り込みオファー」をすでに断っていたことが15日、分かった。松坂側から低年俸での打診があり、球団内で検討したが、谷本球団本部長はこの日「終わった話なので。松坂選手には復帰して他球団の選手として甲子園で投げる姿を見せていただければ…」と獲得を見送ったことを示唆。阪神だけでなく中日、西武、DeNAにも同様のオファーがあったとみられるが、甲子園で怪物伝説を作った松坂が少なくともタテジマのユニホームに袖を通すことはない。

 それも当然だ。チームは来季も就任3年目の金本監督のもと、若手育成による強化を優先し、今オフはFA戦線にも“不参加”。先発投手は補強ポイントの一つだったが、松坂加入よりも藤浪や岩貞ら現有戦力の底上げを優先しているのはファンや球界の誰もが熟知するところだ。

 それだけに今回“済んだ話”とはいえ、松坂側のオファーを伝え聞いたフロント関係者からは「それだけ現役に未練はあるんだろうけど、さすがに辞めないといけない状況にある。低年俸でとかの話ではない。高額で長期の契約してくれたソフトバンクさんの気持ちもくんだ方がいい。巨人を自由契約になった村田ですら移籍場所がまだない。過去の実績、こだわりは理解するけど、いつかは終わらないといけない」と“引退勧告”が飛び出したほどだった。

 振り返れば阪神では2005年オフ、巨人を自由契約となった清原から非公式にオファーを受け、当時の岡田監督が断ったケースがあった。くしくも高校時代に甲子園を揺るがした怪物同士。松坂にも「最後は聖地で…」との思いがあったのかもしれない。

 松坂世代の藤川は12日の契約更改で「皆、いずれそういう時(引退)は来るし、どう処理するか。松坂は退団したけど、自分の中でいい人生を歩もうとしている、ということ」とエールを送っていたが…。今回、虎から出た“引退勧告”を松坂はどう聞くのだろうか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!