• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ヤクルト入りアルメンゴ 過去にバレンティンと「死球で乱闘寸前」の過去

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルト入りアルメンゴ 過去にバレンティンと「死球で乱闘寸前」の過去


ヤクルト入団が決まったアルメンゴ

 ヤクルトが前中日のジョーダン・アルメンゴ投手(31)を獲得したと発表した。契約は1年で年俸は65万ドル(約7300万円)。登録名は中日時代の「ジョーダン」から「アルメンゴ」となり、球団を通じ「チームの優勝に貢献できるよう100%全力でプレーしたいと思います」とコメントした。

 そんなアルメンゴはすでに来季の残留が決まっているウラディミール・バレンティン外野手(33)と少なからぬ因縁がある。2016年7月8日の中日戦(神宮)で、アルメンゴがバレンティンの左上腕部へ死球を与えると、前の打席で適時打していたバレンティンは「故意に感じた」と激怒。中日捕手の杉山が止めに入ったが、帽子を乱暴に取るなど反省の色のないアルメンゴにヘルメットを投げつけた。これにアルメンゴも向かう姿勢を見せ、乱闘寸前の事態となった。

 バレンティンはヘルメット投げが危険行為とみなされ退場。それだけに2人の顔合わせが心配されるが、球団関係者は「バレもジョーダンも中南米の選手だから『昨日の敵は今日のアミーゴ(友)になるから大丈夫」という。

 また別の関係者も「(ヤクルトには)今のところジョーダン以外にスペイン語圏の選手がいない。今年はベネズエラ出身のリベロを食事に連れて行ったりしてかわいがっていた。投手だけどジョーダンとも同じように仲良くなれると思う」と楽観している。

 ただ…。キレやすいところもあるアルメンゴと意気投合しすぎて「モースト・デンジャラス・コンビ結成」とならなければいいのだが。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!