• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 広島の右腕・アドゥワ誠 オフの課題は増量「デブが最高の褒め言葉です」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島の右腕・アドゥワ誠 オフの課題は増量「デブが最高の褒め言葉です」


アドゥワ誠

【核心直撃】ナイジェリア出身の父と日本人の母を持つ広島の高卒1年目右腕・アドゥワ誠投手(19)は今季、二軍で土台作りに取り組んだ。実戦では9試合に登板し、0勝2敗、防御率10・36。196センチの長身でありながら体重は85キロ。増量という課題を抱えながらも首脳陣の期待は大きい。来春キャンプは一軍スタートが濃厚なダイヤの原石を直撃した。

 ――ルーキーイヤーは一軍を経験せずに終わった。佐々岡二軍コーチに言われてきたことは

 アドゥワ:カーブやチェンジアップなど変化球で逃げてしまう投球が多かったので「基本は真っすぐを投げるように」と。場合によっては「打たれてもいいから球数の9割は真っすぐでいけ」と言われたこともありました。

 ――最速148キロの直球が武器

 アドゥワ:強い真っすぐでコントロールも良ければ、140キロ出なくても打たれないと思うんですよね。質が大事。

 ――どうやって力強い球にしていくか

 アドゥワ:上半身だけで力いっぱい投げてもダメ。速くてもバッターからすれば球が軽いとなってしまいますし、下半身と連動させたフォームを意識しないと。

 ――オフに重点を置くのは

 アドゥワ:これは真っすぐもですが、まずは体づくりです。最終的に(体重は)3桁(100キロ)には届かせないといけないと思ってます。

 ――増量は難しい

 アドゥワ:1週間で5キロ落とそうと思えばできるんですけど、増やすのは…。運動しなかったらみんな増えるじゃないですか。でも、自分は運動しなかったら食欲が湧かないので。ちょっとでも体を動かして食べるようにしています。1日5食は食べてますね。朝、昼、練習後、夕、夜といった感じです。練習後食べて夕食まで時間があまりないんですけど、食後すぐ寝ると太るって聞きますし、寝ることもある。

 ――トレーニング方法にも変化があった

 アドゥワ:ダルビッシュさんのツイッターをフォローしていたり、ユーチューブで見たりしたんですけど、ウエートトレーニング後にプロテインを飲むと思っていたのが、後だと遅いみたいで、ウエート前に飲んで終わってからも飲むといいということだったので取り入れてます。

 ――まずは90キロ台が目標

 アドゥワ:春季キャンプまでには。デブが最高の褒め言葉です(笑い)。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!