• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 村田にいまだオファーなし…戦力外にした巨人も困惑

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田にいまだオファーなし…戦力外にした巨人も困惑


納会に姿を見せた村田

 どんな結末が待っているのか――。巨人から自由契約となった村田修一内野手(36)が24日、静岡・熱海市内で開かれた球団納会に参加し、6年間をともに過ごした仲間たちと“最後の酒”を酌み交わした。「現役にこだわりたい」と話しているが、いまだ獲得を名乗り出る球団は現れていない。別れを切り出した巨人側としても、ここまでの停滞は想定外の状況。宙に浮いてしまった男の立場に周囲も焦燥を募らせている。

 今年の納会は村田の独壇場だった。夜の宴会に先立って神奈川県内で行われた納会ゴルフは、同じく戦力外通告から現役続行を目指す実松、故障からの復活を期す杉内、入野一軍サブマネジャーという同じ“松坂世代”の3人と同組。気心の知れたメンバーでの笑いの絶えないラウンドとなった。ここぞの場面で輝くところが、男・村田たるゆえん。最終ホールをバーディーで締め、村田ヘッド兼バッテリーコーチを抑えて見事、優勝を飾った。

 夜は熱海市内のホテルに移動し、納会に参加。豪快に酒をあおり、仲間との別れを惜しんだ。会の最後は退団選手を代表してあいさつ。毅然とした姿には職員らも涙し、由伸監督を「改めてしっかりとした選手だと思った」と感心させた。

 例年は1次会後に席を立つ選手も目立つが、この日は多くが宿泊した。「最後はみんなとゆっくり飲みたい」と話していた村田の周りに仲間が群がり、にぎやかなうたげは朝まで続いた。だが、その一方で球団内では村田抜きのチーム作りが粛々と進んでいる。

 代名詞だった背番号25は、来季から岡本が受け継ぐ。この日後輩から背番号変更の報告を受けた村田は「一緒に野球もして、いろいろ話した選手がつけてくれるのはありがたい。『25番だったから頑張れた』と言ってくれるのを期待しています」と話したが、顔には一抹の寂しさも浮かべた。

 新天地もまだ決まらない。現状について「進展はありません。電話も鳴っていないですから」と明かし「次が決まらないと、心も体も動いてこない」と心境を吐露。「条件うんぬんより欲しいと言ってくれるところがあれば。まだ野球がしたいですし、現役にこだわっていきたい」と神妙な表情で話した。

 この日は先輩、後輩問わず村田の境遇を心配する声が聞かれたが、球団としても、ここまで移籍先探しに苦労するとは考えていなかった。自由契約を言い渡した鹿取GMも「あれだけの実績がある選手。話はあると思っていたんだけれどね…」と本紙に素直な感想を漏らした。

 水面下では複数球団がいまだ調査を続けているが、色良いオファーがあるかは微妙。同GMは、巨人が再契約する可能性について「さあ、どうでしょうか」と明言を避けた。普段なら盛り上がる補強の話題も、Gナインの間ではそっちのけ。巨人の視線は今、背番号25を脱いだ男に全て注がれている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!