• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 来季から導入される「リクエスト」制度の有効性と課題

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来季から導入される「リクエスト」制度の有効性と課題


今年の日本シリーズ第2戦ではソフトバンク・今宮(右)の本塁突入がリプレー検証で「アウト」から「セーフ」に覆った

 プロ野球で来季から判定に異議がある際に監督が映像による検証を要求できる「リクエスト」制度が導入されることが13日、東京都内で開かれた12球団による実行委員会で決まった。来季のオープン戦では12球団の本拠地球場でだけ、公式戦では全試合で実施される。これまでは審判員が判断した場合のみリプレー検証が行われていたが、米大リーグで実施されている「チャレンジ」と同様にベンチから求めることができるようになる。

「リクエスト」は本塁打かどうかの判断や全ての塁でのアウト、セーフの判定に対して使える。米大リーグと同様、投球のストライク判定、ボーク(反則投球)などには行使できない。求める場合、監督はモニターを意味する四角を手でかたどる。ベンチ内のコーチ、スタッフまたは外部の者が何らかの方法でリプレー映像を確認して監督に行使を求める行為は認めず、発覚した場合は監督が退場処分となる。権利を行使できるのは9回までに2度、延長戦では1度で、判定が覆った場合、回数は減らない。審判員は控室でテレビ中継映像を確認し、5分以内に結論を出す。検証中は球場の大型ビジョンで同じリプレー映像を流すことができる。

 ただ、課題や問題もある。友寄審判長は正しい判定に重きを置いたとして「一番大事なのはファンのため」と話したが、判定が覆るケースが増えれば審判の威厳、権威が損なわれかねない。

 試合時間にも影響しそうだ。各球団からは「監督の抗議がなくなるわけだから試合時間はそんなに延びないと思う」と楽観論も出たが、選手やファンの手前、微妙な判定に対して監督が“ダメもと”で要求する可能性もある。検討委員会メンバーの杵渕セ・リーグ統括が「使わなければ損という考えにはならないでほしいと(監督と)話し合いをする」としたのも、乱発を避けたい意向があるからだろう。

 米大リーグと違って検証映像を民間の中継映像に頼るなど、公平性の観点からも何かと物議を醸すことになるかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!