• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 海を渡る“平成の勝海舟”大谷に期待するメジャー維新

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海を渡る“平成の勝海舟”大谷に期待するメジャー維新


メジャー挑戦を表明した大谷には読書家の一面も

【赤坂英一 赤ペン】大谷翔平が海を渡る。彼の場合、「メジャーに行く」ではなく、あえて「海を渡る」という古風な表現を使いたい。なぜなら、大谷は花巻東時代から日本史の授業が好きで、プロ入りしてからも幕末にまつわる本をよく読んでいたからである。

 私がこの話を聞いたのは3年前の2014年夏、花巻東の佐々木洋監督にインタビューしたとき。監督の本職が日本史の教師だったからか、大谷は得意な科目を聞かれるたびに日本史と答え、「とくに幕末が面白いんですよ」と話していたという。

 そこで早速、大谷本人に確かめることにした。

 ――実は、日本史が好きなんだそうですね?

「(一瞬、キョトンとして)えっ? いや、そんなことはないですけど…」

 ――でも、佐々木監督がそう言ってましたよ。

「ああ、日本史ですか。すみません、一瞬“日本酒”と聞こえたもので。そうですね。歴史を勉強するのは大事なことですし、いろんな本を読んでみると面白いですし」

 ――興味があるのは幕末だそうですけど、とくに心ひかれるヒーロー的な人物なんていますか。

「勝海舟とか、坂本竜馬が好きですね。そういう人たちの本は、勉強以外でもよく読んでました。いまでも読んでますよ」

 ――いまでも? 本当に好きなんですね。例えばどういう本でしょう?

「はい、勝海舟の『氷川清話』を読んでます」

 勝海舟とは言うまでもなく、幕臣として日本の開国に尽力したこの時代の英雄のひとりだ。1860年に咸臨丸で海を渡り、米国の政治・経済・文化を現地で身をもって勉強。1868年に西郷隆盛と直談判して実現させた壮挙「江戸城無血開城」は、何度も小説、映画、テレビドラマ化された。

「氷川清話」はそんな海舟が晩年につづった政治回顧録。講談社学術文庫に収録されているので、一般人でも普通に買って読むことはできる。とはいえ、20代前半の若者が好んで読むような本ではなく、ましてやプロ野球選手の口から「氷川清話」を読んでいると聞いたのは大谷が初めてだった。

 そういうわけで、私の頭の中では、咸臨丸で渡米した勝海舟と大谷の姿がダブっている。だから、彼のメジャー挑戦を「海を渡る」と表現した次第だ。日本で投打の二刀流を貫いた大谷、メジャーでも幕末の志士をほうふつとさせるような“維新”を起こしてほしいものである。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!