• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 来季4年目 巨人・岡本に求められる“大田超え”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来季4年目 巨人・岡本に求められる“大田超え”


岡本は試合後も延々と川相二軍監督(右)のノックを受けた

 巨人の大砲候補は、新天地でブレークした先輩を超えられるか。秋季キャンプ第2クール最終日の13日、キャンプ最後の実戦となる日本ハムとの練習試合で4番に座ったのが来季で4年目の岡本和真内野手(21)だ。試合では1安打を放ち、チームも3―0で勝った。

 この試合で巨人側のひそかな関心事だったのが、日本ハムの“主砲候補”大田泰示外野手(27)の宮崎凱旋だった。ただ、肝心の大田は残念ながら欠場。試合前、大田のあいさつを受けた由伸監督も「なんだ、出ないのか。補欠じゃねえかよ」と返したが、岡本との大砲対決は実現しなかった。

 それでも巨人サイドはひと回り大きくなった大田の存在感に刺激を受けた。試合前の打撃練習では、ひむかスタジアムの左翼防球ネットを軽々と越える場外弾をかっ飛ばし「やっぱり泰示のパワーはすごいな」と巨人関係者を感心させた。

 指揮官は試合で大田のプレーを見たかったかと問われると「まあ、いいんじゃない。いい声は出していたよ」とジョークで返答。ただ「いない人の話をしてもしょうがないから」とそれ以上のコメントは封印した。

 そうはいっても、巨人にとって大田は今も特別な選手だ。意識するからこそ、新たな大砲候補である岡本への期待が高まる。大田の苦しみを知るチームスタッフは「泰示は今年15本塁打か。時間はかかったけど、花開きつつあることはうれしいね。でも和真にはもっと早く出てきてもらわないと困る。来年は泰示の数字を最低目標にしてほしい」と“大田超え”を来季のノルマに設定した。

 その岡本はこの日の試合後も猛特訓。内野守備走塁部門を担当する川相二軍監督から、日が暮れる直前まで約1時間半ぶっ続けの居残りノックを受けた。ちなみに奮闘する後輩について、大田は「あいつは4番タイプですよ」と評したが…。巨人の主砲の座を目指し、岡本の苦しい秋は続く。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!