• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 王会長も「8割」推すが…ソフトB柳田が生涯フルスイング宣言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

王会長も「8割」推すが…ソフトB柳田が生涯フルスイング宣言


柳田は来季も変わらない

 スタイルは変えられない。ソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)が“生涯フルスイング”を宣言した。将来的に8割の力での打撃へのモデルチェンジを推す声もあるが、自らの打撃を追求する上では今のスタイルを貫き通すことこそが最良だと実感しているという。

 日本シリーズでの激闘の疲れもどこ吹く風で宮崎での秋季キャンプに参加している柳田の持ち味といえば日本人離れした豪快なフルスイング。2015年6月3日のDeNAとの交流戦では推定飛距離140メートルの特大弾で中堅後方のスコアボードを破壊したこともあった。一方で体への負担も大きく、今季終盤には右脇腹を痛めて離脱も経験した。しかし、希代のスラッガーは「強いスイングというのは野球を辞めるまで変えないかなと思います。残り何年できるかも分からないですし、辞めるまでこのスタイルでいきます」と言ってはばからない。

 来年10月9日には30歳になる。いくら規格外のスイングが持ち味とはいえ、周囲からは「8割のスイング」へのモデルチェンジを推す声もある。王貞治球団会長(77)もその一人だ。誰しもが年齢とともに衰える。マン振りではなくても打球は飛ばせるのだから――との考えだ。

 柳田も打撃のレベルアップや進化は常に模索している。助言を踏まえて試行錯誤もしてきた。その上で今のスタイルこそが自らにとってベストとの考えに至ったという。「単純な話、こっちの方が自分には打てるからです。当てようとしたり、変にきれいなスイングをしようとした方が僕は打てない」と続けた。

 スイングは豪快でも柳田には通算打率3割1分4厘と確実性がある。相手バッテリーの警戒もあり、四球数と出塁率は3年連続でリーグトップ。今季は130試合に出場してリーグ2位の打率3割1分、同3位の31本塁打、同2位の99打点をマークした。「試合に出ていけば、ある程度の数字は残せる自信がついてきたというところもあります」。理にかなっているのだから、スタイルを変える必要もないというわけだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!