• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人 宇佐見を突き放した由伸監督の覚悟

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人 宇佐見を突き放した由伸監督の覚悟


練習を見守る由伸監督(右奥)

 巨人・宇佐見真吾捕手(24)が8日、左手首を負傷したため、秋季キャンプから離脱した。「アジアプロ野球チャンピオンシップ」の日本代表にも選出されていたものの、無念の辞退。打てる捕手への飛躍が期待されるホープが“離脱1号”となってしまったが、由伸監督は表情ひとつ変えず冷静そのもの。その背景にある思いとは――。

 地獄の宮崎キャンプからついに脱落者が現れた。宇佐見は6日に左手首を痛め、この日の練習には不参加。首脳陣にあいさつを済ませて荷物を片付け、宮崎から帰京した。6日の練習試合では左中間へ2点適時二塁打を放ち、持ち前の打力をアピールしたが、この日から宮崎で始まる代表合宿も取りやめとなり、宇佐見は「仕方ないです。まずは来年のためにしっかり治します」と肩を落としながら球場を後にした。

 首脳陣にとっても宇佐見のリタイアは頭の痛いところ。今キャンプでは打撃と並行し、課題の守備力の強化へ村田ヘッド兼バッテリーコーチと猛特訓。来季は小林を脅かす存在への成長を期待していたからだ。

 ところが、由伸監督の反応は「ケガを恐れていたら(厳しい練習を)できないんでね」と淡々としたもの。それどころか「しょうがないんですけど、こういったところで少しずつ、少々やってもケガをしないようになっていってほしいですけれどもね」と突き放した。

 その言葉の裏にあるのは指揮官の「覚悟」だ。チームスタッフは「選手がケガなくキャンプを乗り切れるに越したことはないですが、監督は『壊してもいい』というぐらいの覚悟で練習をやらせています。練習試合もあるので捕手は最低でも2人は置きますが、他のポジションに関しては今後離脱者が増えても補充はしない方針です。それだけ、期待して選んだ今いるメンバーを何とかして鍛え上げたいということです」と指揮官の胸中を代弁した。

 今季は最終的にベテラン頼みとなり11年ぶりのBクラスに転落。若手の底上げが急務で、野手陣は日没まで徹底的な振り込みを行い、すでに手の皮がめくれてボロボロとなっている。同時に連日200球前後を投げ込む打撃投手も悲鳴を上げながら、チーム一丸となって選手をサポートしている。

 19日までのキャンプは6勤1休のハードスケジュール。今後、誰が脱落しようが心を鬼にした由伸監督の思いは変わらない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
チャンピオンカップ(25日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!