• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日・森監督“村田獲り”大放談「育成でもいいなら話は別だが…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・森監督“村田獲り”大放談「育成でもいいなら話は別だが…」


ナインの練習にメガネをとって目を光らせる森監督

【核心直撃】中日・森繁和監督(62)が、巨人を自由契約となった村田修一内野手(36)について激白した。みやざきフェニックス・リーグを視察中の指揮官が19日、本紙の直撃インタビューに応じたもの。移籍先が注目される村田だが、中日は動くのか。森節炸裂の“大放談”をお届けする。

 ――巨人を自由契約になった村田には興味ありますか

 森監督:レギュラーを獲ってくれればいいかもしれないけど、ウチにはサードに福田がいるじゃん。ウチにサードがいないとなれば、俺はすぐに手を挙げるよ。だけど、同じような成績なら俺は若い方を使う。福田っていうのがいるんだからこっちを使うだろうよ。
 ――村田はレギュラーにこだわりはないと言っているが

 森監督:そりゃあ、どこでもいいとは当然、言うだろう。でも、そんなことはないね。村田には名球会入り(の通算2000安打)まであと百何十(135)本という記録があるわけだろ。(本心は)狙いたいでしょう。ずっとレギュラーで出られるところを探さないと。目標はそこなんだろ。そうなったらパ・リーグじゃないか。DHでも代打でも使えて、サードも守れてと、そういうところをまず探さないと…。(2000安打まで)レギュラーで1年か、2年はかかるわけだから、ウチが2年間も(村田をレギュラーで)使ったら若いヤツが伸びなくなる。

 ――やっぱり記録のかかった選手は使いづらいということか

 森監督:使いづらいってことはないよ。ウチの選手だったら(記録達成について)考えるよ。(今季2000安打を達成した)荒木にしたってそれがあるから(開幕から)ずっと使ってたわけで、それが達成されれば今度は若いヤツだって使わなくちゃいけないということが出てくる。

 ――村田にはお客さんを呼べるスター性もあると思うが

 森監督:お客さんが呼べる選手っていったって一軍にいなかったらどうするの?(ベンチ入り)25人の中に入れなかったらどうするの?

 ――かつて中日は育成枠で中村紀洋を獲得した例があるが

 森監督:テストを受けてでもやりたいと(中村)ノリのようなことがあればわからない。たとえ育成でもいいってね。それくらいの気持ちがあれば別。どこにも(行くところが)なくて(2000安打の)記録じゃなくて、自分を生かしてくれるところで、という考えが本当にあるなら、こっちも考え方は別になるだろう。金額のことを言わなければ(中日も)全く話がないわけではないと思う。

 ――実際、村田は金額にもこだわりがないようだが

 森監督:確かに金の問題じゃないでしょう。来いと言ったらすぐ来るでしょう。でも、サードで若手がある程度育ってきているところは獲らないだろうよ。ただアイツはファーストもできるからな。ファーストで変な外国人を獲ってくるなら、というところがあれば、それもあり。だけどウチはファーストにビシエドがもう1年契約が残っていて、サードも福田がよくなってきている。さらに若手が出てきたら…。俺だって何年やるか、分かんないんだからな。(村田が)そんなのも関係ないっていうなら別。右の代打でいいというのなら、ウチが獲るのは簡単だよ。

 ――その条件ならOKとなるのか

 森監督:それで村田が来たとして、代打で塁に出ても代走も考えなくちゃいけない、守りも考えなくちゃいけないって、いろんなことを考えたら、1人分としたらウチが得になるか、ならないか。代打のひと振りでカポーンとランナーをかえしてくれるようならいいけどな。

 ――代打でも競争になる

 森監督:そりゃあ、そうだろうよ。競争してでも勝つと言って来て、負けたらどうしようもないけどな(笑い)。ただ、これはドラフトが終わらないと何にも動けない。

 ――そう考えれば、村田獲得の可能性はゼロではない

 森監督:そういうコメントは俺は差し控えたいね。(状況を)今、見てるところだから俺は。

 ――村田から最後は中日に手を差し伸べてもらえると勘違いされても困ると

 森監督:そういうことです。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!