• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ヤンキース5年ぶり地区シリーズ突破 歓喜のシャンパンファイトで田中「貢献できた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンキース5年ぶり地区シリーズ突破 歓喜のシャンパンファイトで田中「貢献できた」


第3戦に先発し、好投した田中(ロイター=USA TODAY Sports)

【テキサス州ヒューストン12日(日本時間13日)発】ヤンキースは11日(同12日)に敵地で行われたインディアンスとの地区シリーズ第5戦に5―2で勝利し、5年ぶりの突破を決めた。グリゴリアスの2打席連発でリード、先発左腕サバシアは5回途中2失点で降板するも、ロバートソン―チャプマンが無失点リレー。9回に2点を追加して逃げ切った。

 第5戦でヤンキース投手陣は“総動員態勢”となり、第3戦に先発した田中将大投手(28)も、スクランブル登板に備えブルペンで待機した。右中間最深部にあるブルペンにはモニターもなく「外野のファンの方々と目線が同じなんで。よくわからなかった」(田中)そうだが、試合終了を確認するやマウンドへ駆け寄り、歓喜の輪に加わった。

 試合後、シャンパンファイトではターゲットになった。次々とナインが忍び寄り、瞬く間に泡まみれとなった。1995年に導入された地区シリーズで2連敗スタートはヤンキースが53チーム目で、3連勝で突破したのは7球団目の快挙。ナインが盛り上がるのは当然だ。シャンパンで目を赤くしながら報道陣に対応した田中は「これまでと違って、自分が少なくとも貢献できたんで、そういう点では一番うれしいです」。喜びもひとしおの様子だった。

 田中は崖っ縁の第3戦に先発すると7回を3安打無失点、7三振を奪って勝利に導いた。この熱投が反攻の起点になったのは間違いない。「それはわかんないです。周りの人が判断してください。仮に自分でそれ言ったらダサいっしょ。『僕の投球で流れ変えましたよ』って」と笑いで返した背番号19。ナインとともに勝利の美酒に酔った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!