• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人・マシソン帰国 メジャー復帰か巨人残留か揺れる胸中告白

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・マシソン帰国 メジャー復帰か巨人残留か揺れる胸中告白


帰国前に取材対応したマシソン

 巨人の助っ人右腕スコット・マシソン投手(33)が11日、自宅がある米国への帰国前に成田空港で取材に対応。去就に揺れる胸中と、「2020年東京五輪での引退プラン」を明かした。

 今季で契約が切れるマシソンについて球団は残留交渉中だが、条件面をめぐる開きがあり、現在のところ結論は出ていない。自身の来季について、マシソンは「巨人とも話はしているし、それ以外のMLB球団からの関心もあるという話を聞いている。ただ、条件的に決断を下せる話はまだない。自分のキャリアでFA(フリーエージェント)になるのは初めて。自分と家族にとってベストの選択は何か、じっくり考えたい」と話した。

 以前はメジャー復帰への思いを口にしたこともあったが、6年間過ごした巨人への愛着は強い。「若いころはメジャーで投げる夢があったけれど、それは達成はした。ただ今の自分の方が投手として完成度は高いと思っているし、家族に(もう一度)メジャーで投げる姿を見せたいという気持ちもある」としたが、思いは複雑だ。「日本でプレーすれば家族との時間は多く取れる。ビジネス面がうまくいって、日本に戻ってこられたらうれしい。僕は巨人と今のチームメートを愛しているし、結果的に違うチームにいくことになれば悲しいこと」と心中は揺れている。

 33歳となった現在は、メジャー復帰以上にかなえたい夢もある。「キャリアの最終目標として、2020年の東京五輪で現役を引退するイメージがあるんだ。それまで日本でプレーすることができれば最高だけど…」と語って機上の人となったマシソン。巨人残留か、メジャー復帰か。最強セットアッパーの決断が注目される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!