• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人の“育成の星”松本哲也が引退会見「二軍暮らしが続いていたことが決め手」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人の“育成の星”松本哲也が引退会見「二軍暮らしが続いていたことが決め手」


花束を手にファンへの感謝を述べた松本

 巨人・松本哲也外野手(33)が6日、都内の球団事務所で会見を開き、今季限りでの現役引退を決断したことを報告した。

 育成出身として初の支配下選手となり、168センチの小兵ながら、果敢なダイビングキャッチに象徴される全力プレーでファンに愛された“稲妻”。ただ近年は故障やチーム方針もあって、出場機会が減少。「今年1年間は一軍に上がれず、ずっと二軍暮らしが続いていたことが決め手」と話した。

 まだ体は動く。巨人の戦力構想から外れても、現役続行を望めば獲得に乗り出す球団はあったかもしれない。ただ本人の中ではやり切った思いもあったようだ。「今はだいぶすっきりした気持ち。現役については、やりたい気持ちもあったりしたんですけど、いろいろ考えていいタイミングがこの時期なのかなと」と語った。

 巨人は昨年、育成主体の三軍を創設。今季は4人が支配下登録を勝ち取った。ただ松本のように“育成の星”と呼ばれるような選手はなかなか現れない。後輩たちへ向けた言葉を求められると、「自分のダイビングキャッチのように、自分で持っているもの、何か特徴というのをどんどんアピールして、それをチームのために発揮してほしい」とエールを送った。

 現役最後の舞台は、7日に宮崎で行われる広島とのファーム日本選手権となる。「最後は日本一に。チームの力になれるよう、全力でプレーしたい」と誓った松本。今後については「ゆっくり考えたい」としたが…。若手育成の重要性が叫ばれる今こそ、叩き上げの男が巨人には必要だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!