• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日・岩瀬が現役続行決断!20年目シーズンに向け胸中独占激白

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・岩瀬が現役続行決断!20年目シーズンに向け胸中独占激白


来季も現役続行する岩瀬

【核心直撃】現役最年長の中日・岩瀬仁紀投手(42)が現役続行の意志を固め、球団も戦力構想に入れていることが分かった。今季はここまで50試合に登板し、3勝6敗、26ホールド、2セーブ、防御率4・79。通算登板試合のプロ野球記録も塗り替えた(20日現在、954試合)。来季、プロ20年目となる鉄人左腕の胸中を直撃した。 

 ――ここまでのシーズンを振り返ってどうか

 岩瀬:内容はともかくとりあえず最後まではと思っていたけど(8月下旬に二軍落ちするなど)最後はバテてしまったんでね。

 ――オフからずっと体を休めずにやってきた分、バテが1か月前倒しできた感じなのか

 岩瀬:前倒しというか、今年はバテててもいいから、とにかく1年間やりたいという気持ちでやっていたので。正直(いい状態のままで1年間は)体が持たないと思っていたけど、ただ、自分の想像以上にガス欠したような感じになってしまった。

 ――来季については

 岩瀬:頑張るつもりでいます。(今季は)自分の中ではできたという部分もあるし、できなかったという部分もあるからね。

 ――今年1月の名球会イベントで江夏豊氏(評論家)に1000試合登板の偉業達成を託されたこともモチベーションになっているのか

 岩瀬:覚えていますよ。ああいう偉大な方にそういうことを言ってもらって約束を果たしたいという気持ちもある。

 ――現役続行に去年は迷いがあったようだが、今年はなかったのか

 岩瀬:迷いというか、去年は辞めるつもりでいたから。自分では辞めようと思っていたところで、まだ辞めてもらっちゃ困るということで、じゃあ、もう1年頑張ってみようという形でやってきた。今年は曲がりなりにも投げられたけど、簡単に言えば、必要とされなければ別にやることはない。

 ――来季、抑えのポジションを奪い取るつもりはあるのか

 岩瀬:少しでもチームをサポートできればいいかな、というぐらいにしか思っていない。現状からどうやったらチームが強くなるかというところしかね。やっぱり強いところでやってきたので。弱い今のチームの現状は歯がゆい。

 ――まだやれるんだ、ということを証明したい気持ちは

 岩瀬:現状はそこまではない。一昨年とか、投げられなくなったときは意気込んで失敗したからね。だからあんまり自分に期待するんじゃなくてチームのために自分がどういう役割をしていけばいいのか、というものを考えながらやっていかないといけない。今年はそういった部分を持ちながら、何とか結果を出していきたいという気持ちを持っていた。難しいんだけど、結局、自分が結果を出せないとダメなんだけど、かといって、いつまでものさばっていてもいけないし、バトンも渡していかないといけないとは思っている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!