• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人・田口 3戦連続中5日先発で疲労困ぱい

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・田口 3戦連続中5日先発で疲労困ぱい


5失点にがっくりの田口

 粘りは見せたが、追い越すことはできなかった。巨人は9回までに5点差を追いつき、5―5で迎えた延長12回に一死二、三塁までチャンスを広げるも、後続の村田と亀井が凡退。一度もリードを奪えず、痛み分けに終わった。

 4時間24分に及ぶロングゲームの元をたどれば、先発田口の乱調が尾を引いた。初回に3連打で2点を先制され、2回は二死から投手・藤浪に与えた痛恨四球から4連打を浴びて3失点。打線の反撃で黒星こそ免れたものの、6回を今季ワーストタイの5失点、被安打10の内容だった。

 今や先発3本柱の一角を占めるまでに成長したが、気がかりなのはここへきて失速ぎみな点だ。前回6日の中日戦(前橋)は6回4失点で降板し、自身の連勝も8で止まった。チーム内からは「いくら田口が若くても、さすがに疲労が相当たまっている。生命線のコントロールにもバラつきが出ている。休ませてあげられればいいけど、チームにそんな余裕はない」と心配する声が出ていた。

 それもそのはずで、3本柱の中でも開幕からローテを守り続け、3試合連続の中5日で先発したのは田口だけだ。田口は「流れを作れなかった。中5日を言い訳にできない」と責任を背負い込んだが、村田真ヘッドが「しっかりせえと言いたい」と厳しい言葉を口にしたのも信頼の裏返しだろう。

 由伸監督は「いいとは言えないですけど、何とか粘った。よくなかったところは次に修正してほしい」と次回の快投を期待した。3位・DeNAとは0・5差。ローテの屋台骨が揺らいでは逆転CSへの道も険しさを増すが、どれだけ疲労困ぱいでも休養している暇はない。そんな“ジレンマ”を抱えながらも田口は復調できるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!