• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > FA退団濃厚・涌井の本命球団は中日

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FA退団濃厚・涌井の本命球団は中日


FA退団が決定的な涌井

 ロッテの涌井秀章投手(31)が4日、自身2度目のFA権の資格取得条件を満たした。2014年に西武からFA移籍し、昨オフに3年契約が終了。今オフの動向が注目されていたが、本紙の取材でFA権を行使しての退団が決定的であることが分かった。今後について「一人では決められない。家族とより良い人生になるようにしっかり考えていきたい」と語った涌井の本命球団は――。

 今季の涌井は22試合に先発して5勝9敗、防御率3・88。不振が続き、本来のピッチングは影を潜めていたが、2日の日本ハム戦(ZOZOマリン)では2011年の西武時代以来、6年ぶりの完封勝利を挙げた。

 まだ31歳と、老け込む年齢でもない。西武では横浜高から高卒1年目でいきなり一軍デビューし、1年目から13試合に先発。2年目の06年から10年まで5年連続で2桁勝利を挙げるなどの実績はもちろん十分で、08年の北京五輪、09年と13年のWBCには日本代表として出場。09年には16勝6敗、防御率2・30の成績で沢村賞に輝いた。

 その後は西武フロントとの確執などもあり、自身の入団時に西武の監督を務めていたロッテ・伊東監督に請われ、14年に1度目のFA移籍。移籍初年度こそ8勝12敗と負けが先行したが、15年は28試合に先発し、15勝9敗で最多勝のタイトルを獲得するなど復活。16年も10勝7敗と2年連続で2桁勝利を挙げて、ロッテでは31年ぶりとなる2年連続でのAクラス入りに大きく貢献した。

 そんな涌井がチームを離れる決断をした理由の1つには、自身をロッテに呼んでくれた伊東監督の退任がある。ただ、それだけではなく、涌井が強く望む「優勝」から遠のいたことも一因。昨オフはデスパイネ(現ソフトバンク)の残留を球団に要望する一方で、球団サイドにたびたび戦力の補強を要求していたという。

 今季は退団を示唆する発言をする場面もあり、前半に行われた投手会の席では「来年は俺はいないから」という趣旨の発言を行っていた。また、今季から後輩投手に熱心に助言をし、食事に誘う場面も目立っていた。早い段階で今季限りでの退団の決意を固めていたと見られる。

 今オフは国内、海外への移籍が可能となるが、行き先はどこになるのか。「家族としっかり考えていきたい」と話しているように、夫人でモデルの押切もえ(37)の意向も大事になってくるが、かつて米大リーグへの憧れを口にしたこともあったという涌井だけに、メジャー挑戦の可能性もまったくないわけではない。今季はパドレスを含む大リーグの複数球団が涌井の登板の視察を行う場面も見られた。

 国内ならば中日、DeNA、阪神など複数球団が獲得に名乗りを上げそうだ。とりわけ昨オフのFA市場で、山口俊投手(30=巨人)の獲得に失敗し、右の先発投手不足が著しい中日が、球界関係者の間では本命視されている。また涌井の母校・横浜高出身者を熱心に獲得しているDeNAも手を挙げると見られる。

 いずれにせよ海外、国内複数球団による大争奪戦となることは間違いない。今後の涌井がどこへ行くのか、その動向が注目される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!