• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > これが上原浩治の投魂「考えない」「疲労回復」「イチローの言葉」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これが上原浩治の投魂「考えない」「疲労回復」「イチローの言葉」


【上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」】カブスの上原浩治投手(42)が山あり谷ありだった前半戦を終えた。8球で三者凡退に片付けたこともあれば、無死満塁での登板や連打を浴びてイニングの途中で降板したこともあった。このように読めない起用に応えるのは容易なことではないが、ここまで33試合に登板して、2勝4敗2セーブ12ホールド、防御率2・73(現地時間12日現在)と結果を出している。どう対応しているのか。

 

「特別深く考えない方がいいってこと。やるのは人間ですから」

 

 メジャー9年目、上原はオールスター戦休みを前にこう話した。初めて所属するナ・リーグ球団での対応について開幕直後には「1か月くらいは様子を見ないと」と話していたが、3か月過ぎた今、「深く考えない」ことで落ち着いたようだ。

 

 初めて、あるいは対戦経験の少ない打者との対戦や、デーゲーム4連戦、本拠地ではメジャー移籍後初となる室内ブルペンでの待機などを余儀なくされているが、昨季までと同様、試合が終われば、次の試合、次の登板に向けて切り替える。

 

 上原はオリオールズ、レッドソックス時代は8回を任されるセットアッパー、9回を締めるクローザーなど、大まかながらも登板するイニングが見えていたが、カブスでは「何回というよりも、6回以降に準備をしている。言われたところで、勝ちゲームだろうか、負けゲームだろうが、あると思って準備をしている」。開幕から明確なパターンがない。

 

 新鮮という見方もあるが、出番から逆算した準備がしにくいことを考えると、相当タフな役割だ。カブスのブルペン陣で役割がハッキリしているのは、抑えのウェード・デービスだけ。上原は「6回、7回、8回のどこか」での出番をイメージして待つのだが、実際には6回がなければ7回、7回がなければ8回、8回や9回がなければ延長に備える、といった具合だ。

 

 マドン監督が「コージだけではない。ストロッピー(ペドロ・ストロップ)も、(エクトル)ロンドンも、去年とは違う仕事を全うしてくれている」と評価するように、8回までの終盤に誰がマウンドに上がるのか分からない。もっとも、そのことは相手チームも読めないということになるが。

 

 それでも上原が毎試合、しっかり準備ができるのは、リリーバーとしてのルーティンを確立させているからにほかならない。トレーニング、コンディショニング、食事、睡眠などだが、その中でも上原が重視しているのが疲労回復。

 

 上原は「回復させるのに大事なのは休むこと。一番は睡眠。食事も大事やし、あとはオンとオフの切り替えでしょ。いい時も悪い時も、その日はその日で終わり」と話す。そのためにも「まずはリラックス時間を作ること」が大切だという。また、シーズン中は「投げた後とかは何もしないし、投げる前に治療したり、まあ、その日その日で違いますけどね」と話す。準備や手入れに費やす時間をどうマネジメントするかも重要だ。では、試合後に欠かさないアイシングについてはどう考えているのか。

 

「毛細血管が切れて、炎症しているわけですから、そこを冷やして、もう一回温かい(風呂など)のに漬かれば、一気に血液が流れるという考え」で、試合後はヒジや腰などを冷やす。上原はこう続ける。

 

「アイシングをしなくても、という人もいるでしょうし、やり方はいろいろ。その人の感覚ですよね。まあ、アイシングは予防ですね。ボストン(レッドソックス)の時もそうでしたけど、任せられているところがあるので、そういう状況だからこそ、キチンとやるべきことはやる、それが大事」

 

 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で再会した巨人の村田善則バッテリーコーチ(43)は上原について、「ケガから学んだことも多いはず」と話すが、上原はそこをプラスには捉えていない。

 

「ケガしないのが一流ですよ。だから僕は一流にはなりきれなかったということ。イチローさんとか、松井さんとかね。ああいう人たちが一流ですよ。田中マサも、ああ言われながらも投げているし、一流ですよ。僕の場合は(シーズンによっては)1か月半とか2か月休んだりしているわけですから、そういうのは一流ではない」

 

 6月下旬のマイアミ遠征中には、マーリンズのイチロー外野手(43)とフィールドで話す機会を得た。後日、上原は自身のツイッターで「いろいろヒントを頂きました」と報告した。確立したルーティンを地道に繰り返している2人がどんな言葉を交わしたのかは大変興味深い。

 

 上原は、少しだけヒントをくれた。

 

「(ヒントになったのは)会話の中の、イチローさんの言葉です。1年を通してというのではなく、その時、その時の考えっていうのを聞いただけなんですけど、野手と投手とか、それは関係なくて、ひとりの選手として、ですね」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!