• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 大下氏「広島あるぞ!交流戦独走 岡田の驚く成長ぶり」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大下氏「広島あるぞ!交流戦独走 岡田の驚く成長ぶり」


岡田は交流戦でどんな投球を見せるのか

【大下剛史「熱血球論」】いよいよ30日からプロ野球は交流戦に突入する。リーグ戦で上位を走ってきたチームがそのまま突っ走るのか、はたまた下位に低迷していたチームが巻き返すのか。ファンの興味も尽きないところだろう。

 

 ことセ・リーグに関しては、広島の強さが群を抜いている。先の巨人3連戦でそれを痛切に感じた。かつては「どう巨人を倒すか」という立場だった広島が堂々の横綱相撲で3連勝。今季の対戦成績(広島の10勝1敗)にも表れている通り、この2チームの実力には大きな開きがある。

 

 広島も盤石というわけではない。先発陣ではいまだ開幕投手のジョンソンが離脱中で、野村も腰の違和感から出場選手登録を抹消されている。野手でも攻守の要である菊池の足が万全ではなく、欠場や途中交代などでだましだましやっているのが現状だ。それでも交流戦前に5連勝で再び首位に立ったのは、主力を休ませながらでも戦える選手層の厚さがあるからだ。

 

 特に投手では、岡田の成長ぶりに驚かされる。あの球威はリーグでもトップクラス。困ったときにストレートで勝負にいけるというのも心強い。おそらく対戦する可能性のあるパの各チームも相当に警戒していることだろう。

 

 今年はパの本命に挙げられていたソフトバンクに圧倒的な強さがない。昨季日本一の日本ハムも調子はいまひとつ。勝負事だからやってみないと分からないが、交流戦が終わったらセは広島が独走――となっていても不思議ではない。

 

 リーグ戦に戻れば、夏の厳しい暑さとの闘いが待っている。そのための準備として戦力整備も進めなければならない。広島にまざまざと実力差を見せつけられた巨人がどう立て直すのか。福留、糸井のベテラン頼みとなってしまっている阪神は、金本監督がどれだけ若手を我慢して使い続けられるか。ペナントレースの灯を消さないためにも、この3週間の戦い方が重要になってくる。(本紙専属評論家)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!