• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 元日本ハム監督・大島康徳氏 大腸がん告白「肝臓に転移があり ステージは4です」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元日本ハム監督・大島康徳氏 大腸がん告白「肝臓に転移があり ステージは4です」


大島康徳氏

 野球解説者の大島康徳氏(66)が7日、自身のブログでがんで闘病中であることを告白した。

 

 大島氏は「昨年10月下旬頃に病気が発覚しました。病名は大腸がん 肝臓に転移があり ステージは4です」と明かすと「既に大腸の手術を終え 現在抗がん剤治療を行っております。いきなり物凄く驚かせてしまいましたね。ごめんなさい。でもね、安心して下さい。病気が発覚した時も、今現在も、大島はとても元気です」とつづった。

 

 がんであることを公表したのは「今後の人生を前向きに生きる為」とし、「仕事においてもプライベートにおいても 周囲の方のご理解やご協力、ご支援を頂くことが必要不可欠だと考えたからです」とつづった。

 

 また「病気にはなったけれども大島は何も変わっていません。そして、これからも変わらない」と主張し、「病名が病名だから仕方ないのですが…皆さんにも今まで通りに普通に接して欲しいのです。仕事においてもプライベートにおいても。特別な配慮や遠慮は無用です」と呼びかけた。

 

「もしもどこかで大島を見かけたら『大島さんこんにちは』って、『元気そうですね』ってにっこり笑って、そう声をかけて頂けたら嬉しいです」とつづった大島氏は今後、ブログで「病気発覚からこれまで」について少しずつ記していくとしている。

 

 大島氏は中日、日本ハムで活躍し、通算2204安打をマーク。日本ハムでは監督も務めた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!