• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 早くも出た!松坂9キロ減量効果

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早くも出た!松坂9キロ減量効果


減量でブカブカになったベルトを切る松坂(右) 

 身軽になった怪物がキャンプ初日から躍動した。ソフトバンクの松坂大輔投手(36)がキャンプ初日の1日、ブルペンに入り“変身”ぶりを披露した。引き締まったことで注目されている体重は昨秋から9キロ減であることが判明。“減量効果”は練習中にもあちらこちらで表れ、周囲もその変貌ぶりを復活の第一歩と見ている。

 

 ブルペンで見せた松坂の“ニュースタイル”に多くのカメラマンがシャッターを切った。代名詞のワインドアップを封印し、セットポジション、ノーワインドアップで投げ込んだ59球は昨年までとは明らかに別物。投球フォームも改善された。それでも「やることはいっぱいある。時間はたっぷりあるし、今日の反省を明日に生かす。その繰り返しだと思います」と淡々と話すにとどめた。

 

 ウインターリーグに参加してオフ返上で動いたのはもちろん、食事でも糖質を減らして肉体改造に取り組んだ。結果、体重は昨年の秋から「マイナス9キロ」。これまでは「変わってなかったらショックなので」と測定をしていなかったというが、大きな成果が出ていた。

 

 体重減=プラスとは一概に言えないが、トレーナー陣からは「腕が振れて、動きもいい。(一昨年に手術した)肩の状態がいいのはもちろんでしょうが、絞ったことも大きいと思う。股関節など、肩以外にこれまでで痛めている箇所もある。そういったところへの負担も減る。それが一番だと思う」と復活を期待する声が上がる。

 

 工藤監督は「それだけ意識を持ってやってきたということ。よくあそこまでつくってきたなと思う。細くするイコール、キレが出るとは思わないが、絞って軽くなったり動きやすくなったり、そういう部分もあると思う」。達川ヘッドコーチも「桑田(元巨人)が現役時代に、余分な筋肉を落として活躍したことがあっただろう。(松坂も)プロ入り直後に活躍していたころの体に戻ったんじゃないか。今日だって力のあるボールを投げていた。いい投球ができると思う」と太鼓判を押した。

 

 ブルペン以外でも“減量効果”は随所に表れた。体を絞ったことでユニホームのサイズが合わなくなり、練習開始直後にベルトを5センチほどカット。移動でも俊敏な動きを見せ、ファンの進入を制限するための高さ50センチほどのバーを走りながらジャンプ一番で身軽に越えていった。

 

 松坂自身は手応えについて「いや、ないですね。それはまだ。そう思えるような、自信というか、安心感というか、そういうものが出てくればと思います」。復活への“確信”を持って開幕を迎えることはできるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕) new
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!