• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日・大島 FA宣言せず残留を決めたワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・大島 FA宣言せず残留を決めたワケ


中日残留を表明した大島

 中日・大島洋平外野手(30)が31日、今季取得した国内FA権を行使せず残留することを表明した。ナゴヤ球場に隣接する室内練習場で会見を開き「来年からもドラゴンズでお世話になります。今はすっきりしています」と話した。球団との3度目の交渉(29日)でまとまったという。

 この裏には森新監督の存在が大きく影響していた。過去2回の交渉では今季年俸から3000万円アップの1億2000万円の3年契約が提示されたとみられ、大島は「僕が思っていたものとかけ離れていた」とFA宣言へ気持ちが傾いていた。それが3度目の交渉では年俸1億8000万円前後の3年契約の提示に変更となったが、これが森監督の“力”によるもの。「森さんは(駒沢)大学の先輩でもあるし、いろいろと動いてくれて『どうしても残してほしい選手』だと言ってくれたそうです。後輩の僕がいなくなるわけにはいかなかった」というのだ。 指揮官は前日30日、新外国人の調査、獲得などのため、ドミニカ共和国へ出発したが、その直前に大島は残留を伝える電話をかけた。「『ありがとな! 来年頼むぞ!』と言ってもらえたので、本当に頑張ろうという気持ちになったし、森さんも気持ちよくドミニカへ行ってもらえたと思う」とにっこりだ。

「正直(FA宣言して)3、4年ぐらい出て戻ってくればいいやという思いもあったけど(チームが4年連続Bクラスの)今、この状態で出るのは逃げるみたいで嫌だった。どう顔を向けて名古屋へ帰って来たらいいんだと。名古屋の人たちにまだ何も返してない。来年はファンの方にいい思いをしてもらいたい。ここからが本当の仕事だと思っている」。地元・名古屋出身の大島は「生涯中日? 希望はそう。ずっとドラゴンズで一年でも長くやりたい」と誓った。(金額は推定)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!