• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 高山 虎新人最多135安打…並ばれた坪井コーチも感謝


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高山 虎新人最多135安打…並ばれた坪井コーチも感謝


7回に球団新人最多安打となる中前打を放った高山

 阪神のドラフト1位ルーキー・高山俊外野手(23)が27日のヤクルト戦(甲子園)の7回に中前適時打を放ち、1998年の坪井に並ぶ球団新人最多となる135安打をマークした。チームは4―3で勝ち、今季初の5連勝で4位に浮上。虎党の祝福を受けた高山は「ずっとその数字を聞かされていたので、そこを一つの区切りとしてこれたのがよかったのかなと思う。僕にとっては大きいことではないかもしれないが、ファンの方のたくさんの声援を聞いて達成できてよかった」と喜んだ。

 

 偉大な先輩と肩を並べた今回の記録で、実は誰よりも大喜びしているのが当のDeNA・坪井打撃コーチ。「高山が騒がれるまで、自分が(阪神新人の)安打の記録を持っているなんて実は全然知らなかったんだよ。彼が打ってくれたから自分の記録も世間に知ってもらえた。(たとえ)記録が抜かれることになってもなんとも思わないよ」と自身の記録が“2位降格”となっても今回クローズアップされたことに大感謝しているというのだ。

 

 坪井コーチは阪神で新人時代から2年連続の打率3割をクリアした実績の持ち主。以後、阪神で目立った新人野手が出てこない状況を憂いていたこともあったが、それも今は昔。「高山を初めて見た時『1年目から3割打てる選手』と思った。それくらいの力がある。阪神はヨソと違って重圧がすごい。その中での好成績だから胸を張っていい」と改めて絶賛した。

 

 金本監督は高山の記録について「そこは抜くとは思ってるんで、特にはない」と当然と言わんばかりの表情で答え、さらなる奮起を期待した。シーズンは残り2試合。球団新人最多安打の単独トップ浮上はもちろん、あと1に迫ったミスタープロ野球、巨人・長嶋茂雄が持つセ・リーグ新人最多猛打賞記録(14度)も抜いて今季終了!といきたい高山だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!