• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【広島V】ロザン宇治原「安部に活躍してほしいと思って今シーズンが始まった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【広島V】ロザン宇治原「安部に活躍してほしいと思って今シーズンが始まった」


ロザンの宇治原史規

 大阪出身ながら、少年時代から広島ファンというお笑いコンビ「ロザン」宇治原史規(40)。25年ぶりの優勝を心の底から喜んだ。

「14歳まで広島にいて、周囲はほとんどカープファン。気づいたら僕もファンになっていました。そのころはずっとカープは強かったんで、1984年の日本一よりも86年に(3連勝4連敗で)日本シリーズに負けたことの方がより記憶に残っています。好きだったのは長嶋清幸選手。ゼロという背番号が格好よかった。今なら信じられないですけど、平日の学校で先生がテレビをつけて、日本シリーズを見せてくれていましたね。

 広島市民球場にもよく行き、小早川毅彦選手の逆転サヨナラホームランで、巨人の江川卓さんが引退することを決めた試合のことははっきり覚えています。

 あのころから考えれば、まさか25年…ですね。フリーエージェントとかドラフトの逆指名とかカープにとって逆風が続いた。でも僕たちカープファンは『大丈夫、大丈夫。みんなお金で強くなろうとして!!』と思っていました。

 昨年二軍でいい成績を残したこともあり、足の速い安部に活躍してほしいと思って今シーズンが始まった。その通りになったのがうれしい。走って、守ってがカープだから。優勝のキーマンを一人挙げるなら、やっぱり鈴木。聞くところによるとものすごい練習熱心。そういうところもカープの選手らしいですね。

 CSはもちろん勝つに決まってると思ってますが、口に出すのは怖い。平静を装いながら見るようにします。今年は楽しかった。この楽しみがまだまだ続くんですね」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!