• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 右ヒジ痛で出遅れの西武・誠「まずは1勝」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右ヒジ痛で出遅れの西武・誠「まずは1勝」


プロ初勝利を目指して二軍で奮闘中の誠

【俺は一軍で待ってるぜ(8)】西武の4年目・誠投手(相内誠=22)が悲願のプロ初勝利に向けて、19日のイースタン・リーグのロッテ戦(西武第二=1回無安打無失点)で実戦復帰した。昨年はイースタン・リーグで12勝を挙げて最多勝に輝き、今季は勝負をかけていたが、キャンプ終盤で右ヒジ靱帯を損傷。全治3か月の診断を受けて出遅れたが、8月中の一軍昇格、プロ初勝利を目指して奮闘している。その現状と今後の目標を聞いた。

 

 ――リハビリの進行状況は

 

 誠:(6月中の実戦復帰予定が)だいぶ遅れたっす。思ったより(ケガの状況が)重かった。最初は痛みがありつつも、治せるだろうという見込みでやっていた。やりながら治るだろうと。でも、痛みが続いたので、一度(時間を)空けました。それで(予定が)1か月遅れました。

 

 ――19日の試合での手応えは

 

 誠:(先頭打者に死球を与えるなど)内容が全然ダメ。でも、とりあえず投げられたことがよかった。

 

 ――目標だった7月23日のバースデー昇格はならなかった。その代わりに23日の二軍戦(対DeNA)で1イニングを3人でキッチリ抑えた

 

 誠:19日に中継ぎで投げて23日の誕生日も中継ぎ登板ですね。次は先発で短いイニング…と段階を踏んで。(一軍には)順調にいって8月終わりか9月頭にかけて上がれたらいいと思う。最初は中継ぎでしっかり段階を踏んで先発に戻りたい。上に上がれるとしたら先発しかないんで。

 

 ――今年は一軍の先発枠に入って活躍しなきゃいけない年だった。その自信はあるか

 

 誠:もちろん、去年から自信はありました。でもこうなってしまっている以上、開き直るしかない。一日でも早く焦らず治して、復帰したときには繰り返さないようにしたい。

 

 ――そもそもヒジ痛の原因は

 

 誠:もともと腰を痛めていたんですよ。肉体改造のためにいろいろやっていて、普段やらない重量でスクワットをやっていたら腰を痛めて、ぎっくり腰が癖になってしまった。キャンプ前にそうなってしまって、かばって投げていたら負担が全部ヒジにきてしまった。だからもう無理なウエートはやってません。体重もキャンプ前は75、76キロまでいったんですけど、今は通常の70キロに戻しました。普通に食べてたら体重は勝手に落ちるんで。

 

 ――今後の目標は

 

 誠:まずは1勝ですね。痛みがぶり返す前までは(高橋)光成が去年の8月に上がって5勝したんで自分も5勝したいなと思っていたんですが、まずは1つ勝たないと。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!