• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 広島ジャクソン断言!巨人にメークドラマは2度と起こらない

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島ジャクソン断言!巨人にメークドラマは2度と起こらない


G倒に燃える広島・ジャクソン

 26日の巨人戦(長良川)が降雨中止となった首位・広島の面々は早々と視線を翌日以降に切り替えた。先発ローテも組み替えを行い、この日登板予定だったクリス・ジョンソン投手(31)は27日の巨人戦(京セラドーム大阪)にスライドさせ、二軍調整を経て2か月半ぶりに一軍マウンドに立つ福井優也投手(28)については予定通り28日の巨人戦(同)へ投入。本来であれば両者の合間の試合で投げると見込まれていた岡田明丈投手(22)は発熱を訴えてコンディション不良のため、31日のDeNA戦(マツダ)へ回る公算が強まった。

 緒方孝市監督(47)は「ジョンソンはスライド。(ローテの)頭で回ってもらわないと困る投手だからね。岡田? (大阪に)来たって熱だから明後日は無理。ルーキーだから気疲れもある。ローテの中で投げれるところで投げてもらう」と静かな口調で今後のローテプランを打ち明けた。その威風堂々とした姿からは2位・巨人迎撃に対する絶対的な自信がうかがえる。

 それはコイの助っ人たちも同じ思いだ。来日1年目で絶対的なセットアッパーとなったジェイ・ジャクソン投手(28)は「ジャイアンツに1位を奪われることはない」とひと言。そして、こうも続けた。

「ジャイアンツが日本で人気があり、強いチームであることは当然知っている。以前、カープが首位を走って大きくゲーム差を付けていたにもかかわらず、2位のジャイアンツに引っくり返されて逆転優勝を奪われた話も聞いた。でも、そんなことはもう2度と起こらない。今度は逆に直接対決で連勝し、相手が『ギブアップ』と言うぐらいにどんどん引き離したい。他の外国人選手も、皆同じ思いさ」

 1996年に広島が巨人に最大11・5差を付けながら逆転Vをかっさらわれた「メークドラマ」の屈辱を晴らす、いわば「逆メークドラマ」宣言といったところか。いずれにせよ、助っ人も含め首位を独走していてもカープナインの「打倒G」への思いは不変だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!