• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【高校野球】カワいすぎるJK神ノッカー プロ顔負けの“美スイング”が大評判

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高校野球】カワいすぎるJK神ノッカー プロ顔負けの“美スイング”が大評判


キャッチャーフライもお手の物の古市さん

 第98回全国高校野球選手権大会の地方大会が各地で開幕し、熱戦が繰り広げられている。そんな中、北陸地方で大きな注目を集めているのが、福井県立羽水高校でシートノックのノッカーを務める女子マネジャーの存在だ。その美しいスイングから「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」とも騒がれる彼女はいったい何者なのか。素顔に迫った。

 

「高校では女子で野球ができる環境って多くない。そんななかで『ここならノックできるんだ』って思って。ノックがやりたくて高校を選んだ感じですね(笑い)」

 

 羽水高校女子マネジャーの古市琴美(3年)は“先代”の女子マネジャーに憧れ、羽水高校への進学を決めた。八力監督は“初代女子ノッカー”をこう振り返る。

 

「前の子は、140センチちょっとしかなくてね。『中学で野球やってたので、やらせてください』と言ってきた。そんなんじゃあダメだと言ったら、1年をつかまえては隅の方で(ノックを)やってた。1年もたつころには形になってきたから、やらせてたんですよ。古市もそれを見て、行くはずだった進学校をやめてうちに来たんです」

 

 中学までは男子に交じって白球を追いかけていた古市も、硬式球を打つのは初めての経験で、当初は外野にすら打球が届かなかったという。「普通のバッティングと違って狙ったところに打たないといけないし、弱い打球だと選手の練習にならない。悔しくて練習はたくさんしましたね」

 

 選手の邪魔にならぬよう毎朝誰よりも早くグラウンドに行き、土日も試合が終わると居残り練習に励んだ。努力の裏には憧れの先輩の存在もあったという。「1個上で中学からの先輩なんですけど『お前の球もっと受けたいわ』って言ってくれて。『私はもっと打ちたいです』と言ったら『じゃあ朝やるか』ということになった。彼氏? いえいえ(笑い)。でも、野球やってる男の子はみんなかっこいいですよ」

 

 今では内野ゴロはもちろん、外野フライ、ライナー、キャッチャーフライもお手の物。速射砲のような連続ノックは、一見の価値ありだ。

 

 チームの苦楽もともに味わってきた。今春の福井県大会敗退後、3年ミーティングでは全員がお互いに感情をぶつけ合い、全員で泣いた。本音を言い合い、チームがひとつになれた瞬間だという。

 

「みんなで大泣きしてるなか、ショートの長谷川くんが『笑えば球速が10キロ上がるらしいぞ』って冗談を言って。本人が一番エラーしますよ(笑い)。だから、夏にエラーしたらベンチから『笑えー!』って言ってやります」

 

 2代続いた羽水高校女子ノッカーだが、今後後輩にも受け継いでいくのかというと、そうではない。「1年生の子が『かっこいい!』と言うので教えてはいますが、私がハードルになってないかな。ノックでつらくなることはあってほしくない。伝統というか、無理にやらせたくはないですね」

 

 卒業後は野球をプレーできる環境があれば、またやりたいというのが本音だ。「なければまたマネジャーですかね。私みたいに、野球しかない女の子もいる。最近は毎日、これが最後だと思ってやっています。変な話、今日の夜死んでも後悔しないように」

 

 大学では栄養学を学び、将来はアスリートをサポートする仕事を目指すという。

 

 昨年夏、秋と公式戦ではシートノックも務めたが、この春から制度が改正。高野連からの申し入れで事故防止のため、女子生徒がシートノック中のグラウンドに立ち入ることができなくなり、最後の夏で試合前のノックを打つことはできなくなってしまった。だが、ベンチから全力で選手をサポートする。

 

「ずっと一緒にやってきて、私の下手なノックを受けたいと言ってくれて。ノックはだいぶうまくなったけど、みんなは私の成長以上に成長してるんだよと。自信を持ってプレーしてほしい」

 

 選手とマネジャーとして切磋琢磨し合った3年間。福井大会は14日に開会式、羽水は16日の若狭戦(敦賀)で1回戦を迎える。“神ノッカー”とチームメートの、最後の夏が始まる。

 

【監督から見た古市さん】「あいつはしぶといですね。私に場所譲ろうとしないんです。1時間もノック続けて、フラフラになっても『まだやります!』と。物腰は柔らかいけど、負けず嫌い。頭も良くて、ずっと学年1番。もともと『ノックがやりたい!』と進学校からうちに進路変更してきたくらいですから」

 

 羽水高校を率いる八力昌輝監督はそう笑う。同監督の現役時代は福井工大福井の内野手として甲子園出場。その後、鯖江高校を20年にわたって指導し、後藤光貴(元西武)、牧田明久(楽天)、梅田尚通(元西武)の3選手をプロに送り出した。その八力監督の目から見ても、古市のノック技術は際立っているという。

 

「ある程度やれるようにならないと、選手にも迷惑がかかる。それをよくわかっていて、とにかく練習してましたね。選手にとっても『あんだけマネジャーが頑張ってんだから俺らもやらな』という感じにはなりますね。あの子がいる間は打たせてやりたい」

 

 古市の努力と技術を認めているからこそ、ノッカーを任せているという。

 

☆ふるいち・ことみ 1998年5月28日生まれ、福井県福井市出身。酒生小1年のとき、まなびサイトウイングスで野球を始める。当時のポジションは一塁手。足羽第一中で投手転向、女子部員は1人ながら、男子に交じりエースナンバーを背負う。羽水高ではマネジャーとして選手のサポートをする傍ら、練習ではノッカーを務める。身長170センチ。右投げ右打ち。好きなタイプは巨人・坂本勇人。

YouTube Preview Image
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!